山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

はじめての確定拠出年金投資  



著者 大江 英樹

本書は大まかに3つのことを教えてくれてます。
1つ、確定拠出年金とは何か? そのメリット。
1つ、確定拠出年金を利用するにはどうすれば良いのか?
1つ、確定拠出年金を運用するための考え方。

確定拠出年金と言われてピンと来ない人の方が多いかもしれません。
かくゆう私も、勤めている会社の退職金がこの確定拠出年金に切り替わって、その存在を知った口であります。

乱暴な説明では、「退職金の元本は会社で出すが、あとは社員が運用してお金増やしてね。」

という制度です。

本当に乱暴な言い方ですが、税金の控除と勤めている会社が倒産しても退職金が無くならないのは大きなメリットというでしょう。
特に資産の運営において、税金の控除に関しては最強だと本著では言い切っています。

企業の退職制度なら自営業の俺には関係ないじゃんと思われた方、ご安心下さい。企業型の他にも個人型というものがありますので利用できます。
自営業の場合は月に6万8千円が上限で積み立てる事ができ、年額81万6千円が控除対象となり、20万近くが還ってくる計算となります。

次に運用に関してですが、根本的な考え方を示してくれており参考になります。

「多くの人は手っ取り早く、自分が購入する銘柄をどれにしようかということから考えはじめます。でも、実はこれが間違いなのです。」

では、何を最初に考えないといけないのか?
それは自分の「リスク許容度」だと言います。
このリスク許容度と資産の配分を得てはじめて購入する銘柄を選ぶという手順となります。
ちなみにこの資産の配分とは、「貯蓄」「国債」「株式」への資産の振り分けです。
ここ資産運用配分(アセット・アロケーション)が運用成績の9割を決めるのだそうです。
また、この資産配分は「確定拠出年金」無いだけで考えてはいけないそうです。例えば貯金や土地を持っていれば、確定拠出年金では攻め行くべきであると。理由はいくつかありますが、大きく儲けても税金が掛からないというのが一番の理由です。

さて、この制度の要は運用もさることながら「お金を受け取る」ことも非常に大切です。
「一時金」として受け取ると退職所得扱いになって税制上得をしますが、年金のように分割して受け取るとことも可能だそうです。この場合は運営時の運営益に税金が掛からないので得ではありますが、振り込み時にかかる手数料を忘れないように注意喚起しています。

なんにせよ、資産運用の手段を多く持つことは悪い事ではないと思います。自分は企業型の確定拠出年金を運用してるので、個人型は利用出来ませんが、こんなものがあるんだと知って貰えれば僥倖です。



スポンサーサイト

Posted on 2017/03/25 Sat. 22:14 [edit]

category: 実務・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/97-6c96db9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top