山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

科学開講〜京大コレクションによる教育事始〜  



この本の体裁は「歴史博物館」そのものです。
そして、題材が科学となっています。

パスカル、ガリレオといった偉人達は実験によって、さまざま原理や現象を解明してきました。
だけども、じゃあ、いったいどういう実験道具を使っていたの?

顕微鏡、天体望遠鏡は今の時代と何が違うの?

ああ、当時はこんな器具を使っていたんだ。

今の器具とは全然違う形をしているものから、THEご先祖様とわかる器具まで網羅されているのが大変面白い本です。

そして、科学の基本は観察と観測と飽くなき探究心がなくては、発達しなかったのだなと再確認できました。

写真は裏表紙です。
これは、一体なんの模型でしょうか?
分かるかな? (自分はわかりませんでした(笑))
裏表紙
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/20 Sun. 15:49 [edit]

category: 写真集

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/90-3cba42ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top