山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

こうして2016年「日本の時代」が本格的に始まった! ~世界を牽引する国・日本~  



著者 日下公人

「日本の強さは、ポエムとロジカルの二本立てにあり、日本の最終勝利条件はみんな仲良くである」

日本人とは何か?
江戸時代の国学者、本居宣長は「敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」を詠みました。
この和歌で分かるはずだと。
日本はロジカルとポエムの日本立てでモノを考えてきました。
ロジカルシンキングが持て囃されている欧米でも、「相手を笑わせれば勝ち」的要素があるのだから、本来人間の思考はロジカル一辺倒ではないはずである。

 国際人とは何か? 「英語が話せたら国際人?」「欧米にかぶれると国際人?」
著者の知り合いで海外で活躍している人は、「英語はペラペラ」でも、夜は褞袍を着て畳の上に寝る、田舎者まるだしであり、帝国ホテルのフランス料理のシェフに家でもフランス料理を食べるのかという質問に対しては、「誰がそんなもの食べますか、塩昆布とお茶漬けです」と答えたらしい。
どちらも、商売上外国人に合わせるが、一皮剥けば「日本人そのもの」が国際人。
日本人が世界の中心になっていく時代にこそ「日本人とは何か?」を突きつめて考えていく必要があります。
日本の多様性や独自性は一朝一夕でできたものではありません、神武天皇の即位から考えると2600年以上の歴史があります。これは、あきらかに諸外国がマネをしたくてもマネができない大きなアドバンテージと言えるでしょう。

 天皇陛下の話が出てきたので、ビックシステムの話をします。ビックシステムとは「国家」「政治」「軍隊」「警察」「医療」「教育」「金融」といったものです。
 日本では、ほとんどのビックシステムが信用されてますが、アメリカだと「軍隊」だけだそうです。ドイツは地方政府がしっかりしているので、地方政府管轄の「教育」や「医療」が信用されているそうです。
著者は日本のビックシステムが信用されいるのは、日本の頂点に天皇がいるからと分析しています。実際、国王がいる国は汚職が少ないという事実があたったりします。

 日本的であることが世界戦略へ繋がっていく、この考えがこの本のタイトルの根源になっています。
要は、日本的考え方が世界へ伝搬していくということ。
日本のアニメや漫画やゲームの影響は誰が受けるのか? 昔、日本人がハリウッド映画を観てアメリカ凄いと思ったことが世界中で起きるということ。
 兆候として、アメリカでの裁判での和解率があがっているそうです。
なぜ、日本のアニメや漫画を見ると和解率があがるのか? それは、日本のアニメや漫画には「仲直りの精神」が根付いているから。
確かに日本の格闘漫画は、命を賭けて戦った強敵が主人公の窮地に駆けつけるというパターンは多いですし。
宇宙戦艦ヤマトなんかは、地球人を滅ぼしかけたデスラー総統が、古代守と友情関係まで築きあげてしまってます。
 この漫画やアニメで根付いている「仲良く暮らそう」が、日本の長期戦略だと著者は言います。
「欧米人は自分たちに戦略があると思っているらしいが、彼らの頭のなかにあるのは目先のことだけで、長期戦略はまったくない。「終身雇用はダメだ」と言っているくらいだから、長期に物事を考えることはできないらしい。」とバッサリです。
日本のストーリーは「戦ったあとは仲直りする」これが全て。最終勝利への戦略を持った日本と短期的な略奪主義の欧米が戦えば、最後には日本が勝つ。これが、著者の考えであり、実際に大日本帝国はこの考え方を持っていました。

 日本人の親切さについて、日本人が中国人の自分について親切にしてくれる理由が分からない。と、非常に頭の良い中国からの留学生に言われたそうです。そして、10年間考えた結論が「日本人は何も考えてないことが分かりました(笑)」だったという。
「よく分かったな。偉いな。剣術の極意とか善の悟りと一緒で、考えて親切にしてるんじゃないんだよ」と返答した著者も素晴らしい。
まあ、確かに自分でも親切を行う時は考える前に行ってますし、他の皆さんもそうではないでしょうか。

 文化とは付加価値である。まさにコスト削減とは対極にある存在となります。
なぜなら、文化とは余裕とか遊び心がないと生まれないものであり、今や日本発の文化を世界中が欲しがっている状態となっています。
例えば、温水洗浄便座はアメリカで医療器具として発明されましたが、こんなものを要らないと受け入れられなかった。しかし、日本人が作ると文化的な製品となる。文化的なモノだと人は欲しくなる。
一度否定した温水洗浄便座はアメリカ人の関心を持ち、トイレの清潔さに関わりがないであろう中国人でさえ欲しがる、これが文化の力。

 日本の文化レベルは非常に高い。世界の人がそれに気付いて、日本の文化を欲しがる。日本は「日本の文化」を売ることで繁栄し、世界の人は幸せになる。
これこそが日下公人が言う、「日本の時代が本格的に始まった」であります。
スポンサーサイト

Posted on 2016/07/17 Sun. 16:00 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/81-3ff267dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top