山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

働かないアリに意義がある  



著者 長谷川英祐

「タイトルの『働かないアリ』よりも『裏切り者』にショックを受けた」

この本を読んだ最初の感想は、人間はなんて傲慢であり、人間は都合のよいように自然界を観ているんだなという思いです。文書がウェットに富んでいるので、読書後の気持ちは重くはなりませんが、アリやハチに対する印象は確実に変わってしまいました。

私たちが普段目にする働きアリですが、餌をとってきて女王や卵、子供のアリの世話をし、巣の修復を行い、外敵から守ると文字どおり働き者です。そして、自分では子供を産まないことから、献身の鏡だと多くの人が思っていたことでしょう、実際私もそう思っていました。

自然界の大前提にあるのが、「自分の遺伝子を次世代に残す」です。実は働きアリもこの本能に忠実に守っているだけでした。

 我々人間と違い、遺伝子の伝え方がアリは異なることにより、アリにとっては「自分の子供よりも、自分の妹との遺伝子が共通する」という特徴があります。したがって、働きアリは自分の遺伝子を多く残す為に、女王アリや妹アリを世話をしているのです。実際に女王アリが弟アリを多く産むと、遺伝子がほとんど共通していないことから弟アリを殺害することは珍しくないそうです。
 働きアリは滅私奉公しているというイメージは、まさに人間の想像の産物だったわけです。

また、社会性が順調に機能すると「裏切り者」が出てくるという話も面白かったです。
いわば、社会貢献をいっさいしないで、自分の私利私欲のためだけに生きるものが出てくるというのです。
ちなみに、ここでの「裏切り者」と本のタイトルの「働かないアリ」は別物ですので、ご注意願います。

さて、この「裏切り者」は社会貢献を一切せずに、自分の子孫を残すことだけしか行いません。恐ろしいことに、この「裏切り者」はたまたまそういう個体が現れるのではなく、「遺伝子」が紛れ込んでくるのだそうです。
つまり、「裏切り者」の子供は「裏切り」行為しかしません。
「遺伝子」が裏切り行為を起こさせるのですから、その「裏切り者」が蔓延る社会は衰退していきます。
実際に、そういう「裏切り者」が増えたアリのコロニーは滅んでいきます。

これはなにもアリだけの話ではなく、社会性である動物全般にいえることですから、人間社会にも当てはまります。
日本では、生活保護を不正受給している輩や、世界では難民問題も「社会貢献しない」勢力が少なからず問題になっているように思われます。
そして、社会性を持つといえば「細胞」もそれに当てはまります。人体を繁栄させるために「細胞」は各々「臓器」として分化していきました。この細胞おいての「裏切り者」は癌です。
本著では深く踏み込んでいませんが、医療の進歩等で「人体の社会性が向上」すると、癌は増えるのでないか?
そんなことを考えさせられました。

最後に、生きていく上で見失ってはいけないなという文を紹介したいと思います。

『多くの研究者(プロを含む)は、教科書を読むときに「何が書いてあるかを理解すること」ばかりに熱心で、「そこに何が書かれてないか」を読み取ろうとはしません。学者の仕事は「まだ誰も知らない現象やその説明理論を見つけること」なのにです。優等生とは困ったものだと「変人」である私は思います」

この考え方は、別に学者に限った話ではありませんよね。
唯々、人の考えをトレースするだけの人生は歩みたくないものです。
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/21 Sat. 13:29 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/75-e7dc3096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top