山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

くちびるに歌を  



著者 中田 永一

あらすじ
舞台は長崎県の離島である五島列島にある中学校。
音楽教師が産休をとるので、代わりの音楽教師が赴任してから物語が始まります。
産休をとった音楽教師は合唱部の顧問であったためこちらの部も引き受けることになのだが、新任の教師が東京から来た美人教師だったため、それまで女子しかいなかった合唱部に男子入部希望者が殺到することに・・・

感想
いやー、面白かった。単純に合唱部の男女仲が悪くなったのが、ある出来事で一致団結してハッピーエンドを迎える作品ではないからです。そして、この作品に出てくる大人は決して格好良くありません。良くも悪くも子供達より経験があるだけの一人の人間として脇を固めてる存在であるため、子供達の心情の変化が「大人」の干渉で歪められた印象がないのも楽しめた要因だと思います。

物語は合唱部がNHKの合唱コンクールに挑戦することを軸にして進んで行きます。
合唱の構成が女子のみと男女混合では、コンクールの課題曲が変わるというのも初めて知りました。
男女混合の課題曲は「手紙」。歌詞の内容は15年後の自分に宛に手紙を出すという内容なので、歌詞の内容を深く感情移入できるよう、合唱部全員に15年後の自分に手紙を書くよう宿題を出されます。この宿題が物語後半に深みを与えています。
生徒一人一人が主人公ではありますが、たぶんメインの人物を一人あげろと言われたら、「桑原サトル」が最有力でしょう。
彼はある意味事故で合唱部に入部することになりましたが、人と出会いを重ねることになります。出会いを重ねる事に彼は成長していきます。

スティーブ・ジョブズの言葉に「運とは人と出会うこと」や科学的に運を検証した矢野和男氏の「データの見えざる手」でも運は人との出会いでもたさらされると結論付けています。

彼は、この作品の前と後では立ち位置や人生そのものはなんら変わっていませんが、見える世界は確実に光り輝いていることでしょう。

読後は、本当に心地より気持ちになれました。
スポンサーサイト

Posted on 2016/03/27 Sun. 17:44 [edit]

category: 小説

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/69-7c314fa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top