山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

日経ビジネス アソシエ 2015年11月号  



1年が劇的に変わる!手帳術が特集だったので購入。
心が動かされたのが、「目標達成手帳」「婚活手帳」の二つ。
読んでみて、これはと思ったのが「アイデア発想手帳」

○目標達成手帳 提案者:野部剛氏
この手帳の肝は、準備が80%を占めるという考えで記入していくことです。
見開きの左ページが1週間の予定表、右ページが「目標数値」「現在の達成分」「目標までの残り」を書きます。
野部氏は営業マンだったこともあり、この手帳を使ってどう契約をとるか。を主題として説明されています。

「営業に求められているのは、顧客がどんな問題を抱えているかを汲み取り、それに対応したサービスを提案すること。」
つまり、顧客の情報を調べる事前準備が極めて重要となります。

手帳には、ゴールと行動でどのくらいゴールに近づけたか、次回のアポイントメインとやタスクを記入、また、商談プロセスではどの段階なのかも合わせて記入しておき、その都度自分の行動の軌道修正を行う。
これが、目標達成手帳の概要です。

○婚活手帳 提案者:村田シャイニーひろみ氏
目標を叶えるためのプロセスを具体的に、未来の予定を記入する方法を紹介しています。
これは、別に結婚だけでなく借家ではなく、持ち家を持ちたいなども応用ができます。

「結婚できない人の多くは、結婚生活をイメージできてない。だから合う相手に会っても、気付かず素通りしてしまう」

手帳に住居や家族像などの理想の結婚生活を書くことで、結婚相手に求めていることが分かり、合った瞬間に「この人」と気付けるそうです。
ちなみに、アソシエ編集長の知人の一人は、この手帳を使って実際結婚できた方がいらっしゃるそうです。

○アイデア発想手帳 提案者:原尻淳一氏
この手帳は、「アイデアとは発想を広げて作るものだ!!」の考えを元に発想力を磨くドリルとして手帳を活用しようというものです。
ステップ1
 週に7本アイデアの種を書く

ステップ2
 ステップ1から好きなものを一つ選んで『SCAMPER法』を利用して発想を広げる。
Substitute (代用) 何かの代用にならないだろうか?
Combine (組み合わせ)何かと組み合わせることはできないかか?
Adapt(応用)何か他に似たものや状況に当てはめられないか?
Magnify(拡大) 意味合いや形、対象などを広げられないか?
Put to other uses(他の使い方)他の使い道はないか?
Eliminate(省略)何かを省略したり、取り除いたりできないか?
Reverse/Rearrange(逆転/再調整)逆さまにしたらどうなるか、何かに言い換えできないか?

ステップ3
 8つの「マーケティング視点」で実現性や根拠をチェック
 「顧客像」「顧客心理」「優位性」「競合」「時流」「収益化」「サービス内容」「予算」

その他に、リコー社長の三浦氏、アサヒグループホールディングス社長の泉谷氏、モンテール社長の鈴木氏の手帳利用術が紹介されています。

また、特別付録として万年筆がついています。これがなかなかの品質のもので、ちょっと万年筆が欲しいと思う人はぜひ購入してみてください。

スポンサーサイト

Posted on 2015/10/25 Sun. 10:49 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/58-d7d2f05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top