山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

座らない! 成果を出し続ける人の健康習慣  



トム・ラス著

<こんな本>
仕事の質はウェルビーイングで決まります。 そして、ウェルビーイングとは『身体的・精神的・社会的に良好な状態』であること。
ああ、この本も、他の本と同じか・・・と、思い込むのは早計です。なぜならば、要所要所で空恐ろしいことや、ああなるほどねとピンポイントで指摘してくれています。

生活とは日々の無数の判断の積み重ねです。一つ一つが影響が少なくてもそれが山となれば。そして日々の積み重ねが習慣と呼ばれるものなのです。
したがって、小さいことからコツコツと、健康を考えて行動することが大切となります。
30日計画として、本書は30のチャプターに分かれていますが、大まかに「食事」と「睡眠」と「座らない」ことを重点においてます。

食事とはいわゆる、食事の質に注目することです。世の中には「健康的」な名前をしておきながら、そうでないものがあります。食材は健康的でもその料理に使われているソースはどうなのか? 
食べ物には理想的な食べ物だけを選ぶことはできませんが、頭の中で正味プラスになるかどうかを考える。これを習慣にすれば、その時その時に間違いの無い選択を選ぶことができます。

正しい選択を選ぶ計算で、間違いを犯しやすいのはカロリー計算です。カロリーではなく、タンパク質と炭水化物の比率に注目してください。気を抜いていると炭水化物を多く取り過ぎてしまいます。

本書では、タンパク質と炭水化物は1対1を理想としてます。1対5以上の差がある場合は絶対に避けることです。
しかし、ご飯大好きの日本人にはなかなか難しいところです。

次はタンパク質の質です。積極的に食べたいタンパク質は「青果物」「ナッツ」「海産物」ときて、「赤身肉」「加工肉」は摂らないよう伝えています。根拠の一つとしてオメガ3という油をあげています。オメガ3が不足すると知能テストの点数が振るわない、脳が小さくなるという実験データがあるそうです。
ビックリしたのが、乳製品が赤身肉と加工肉の次に食べない方が良い側に入っていたことです。

食事の次は睡眠です。この本では睡眠不足に言及しています。脳の性能を遺憾なく発揮するためには睡眠を削ってはいけないということですね。
面白い話としては、4時間の睡眠不足はビール6杯を飲んだ時の体に与える影響に相当するそうです。

最後に本のタイトルでもある「座らない」ですが。健康のためなら運動でしょう? なんで、「座らない」と疑問に思う人もいるでしょう。健康のために運動をするのは間違っていません。ただ、日々運動していても長時間座っている状態を作りだしていたら、健康に悪い。これが、本書の主旨であります。

「一日6時間以上座ると、早死にするリスクが高まります」

なんてことでしょう。会社から危険手当を貰わなくては!! と、喚いても危険手当はくれませんし、手当を貰っても早死にしては意味がありません。では、座ることで何が体内で起こっているのか? それを知れば対処ができます。

人が座ると
・足の筋肉の電気的活動の停止
・消費カロリーの低下
・脂肪燃焼を促す酵素の生産が90%減少
・2時間座ることで、善玉コレストロールが20%減少
・座りつづけるとお尻の細胞が圧迫され、その結果脂肪が付きやすくなる

どうやら、長時間座ることがよくないようです。実際、本書では20分に2分の歩行を推奨しています。

体を動かすことを習慣化するのに、やってはいけないことは無理な目標を持つことです。今の状態から少し運動する時間を割いてみる。これが重要な考え方です。

最後に、「食事」「睡眠」「座らない」は3つをセットで行わないと意味がありません。と、いうより効果があがりません。
これらが3要素が習慣化したとき、健康文化として花が咲くのです。

逆にこれ一つやれば、大丈夫だと太鼓判を押す人がいたら詐欺師ですので気をつけましょう。

<感想>
なかなか、厳しい話である。というのが、率直な感想です。
「座らない」「食事」はなんとか意志の介在でなんとかなりますが、睡眠は6時間前に起きてしまいます。
これって、単純に老化のせいなんでしょうか。もっとも、本書では睡眠は量より質だと言われてますのでこっちを精進していきたいですね。
特に心理学者のアンダース・エリクソンの研究結果を知れば、睡眠の改善に力を入れずにいられません。

1流のプロになるためには、1万時間の練習が必要である「1万時間の法則」を発表して、修練は生まれ持った才能に勝るかどうかの論争になったそうですが、エリクソンは「一流のプロは1日の平均睡眠が8時間36分である」を発表しています。平均のアメリカ人の平均睡眠は6時間51分だそうですから、90分近く一流プロは睡眠時間が長くなっています。

次に食の問題ですが、お米大好きな自分としては炭水化物を摂るなは気持ちは揺らぎます。
アメリカの医師会誌では、「炭水化物は人間にとってまったく不要の栄養素」と指摘している話もあるそうです。
この辺は、栄養素とエネルギーの源と別にしての結果だと理解してますから悩みが深いです。
とりあえず、ご飯のおかわりは今日から禁止することにしました。

タイトルの「座らない」。最初は腰痛などの体幹に関係する本だと勝手に想像してましたが、想像以上の深い本でした。
座りっぱなしだと、心臓病疾患になる確率があがるなんて恐いなあ。
しかし、20分ごとに席を離れるのはともかく、2分近く席に戻らないのは心証が悪くなりますよね、どう考えても。
とりあえず、時間は無視で座っているという体勢を変える、小さいところから初めていきましょうかね。

スポンサーサイト

Posted on 2015/08/29 Sat. 17:08 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/51-2c0f6393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top