山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

良い習慣・悪い習慣 ~あなたの行動を変えるための方法~  



ジュレミー・ディーン著 三木俊哉訳

心に残った言葉「自己自制心は筋肉と同じ、休まないと疲れるし、鍛えれば強くなる」 

≪こんな本です≫
以下の考えを元に、習慣化した直したい行動を変えるための方法を伝えている。

・習慣とは行動のルーティン化であり、そこには人もハトも違いはない。
・習慣とは意識することなく、仕事を完遂する能力である良い面を持ってるが、現実を無視するという悪い面を持っている。
・ルーティンの自動化への段階で「クセ」が入るとスリップする。スリップとは、意図せぬ行為のことである。
・悪い習慣は無くすことを考えることよりも、良い習慣で書き換えることで対処することが望ましい。
・習慣化した後も、異なる方法を試すという気持ちを忘れてはいけない。

≪感想≫
冒頭では、習慣にまつわるあらゆる噂の検証を行っている。例えば、習慣化するのに21日必要という話には根拠がない。には、ショックでした、この考えを基準に習い事のスケジュールを組んでいましたから。

悪い習慣、直したい習慣は、自分がよいと思ってる習慣と取り替えるという発想には気が付きませんでした。習慣の取り替えは、習慣の結果のみをイメージするだけでなく、計画や方法といったプロセスからイメージを持たないと効果が生まれません。
この辺は他の自己啓発本でも言われている、ポジティブ思考における結果だけを求めるだけでは効果がなく、具体的な計画から練る必要があるという考え方と合致しています。

悪い習慣の強化を知らずに行ってることも、知っておく必要があるでしょう。例えば、インターネット中毒や電子メールをちょくちょく確認してしまう行為がそれです。確認する行為が増えるということは、反復行為で強化そのものです。これは、ネットに接続するまえに、意図があって行為に移ってるのか、それともなんとなくで行ってるのか、自問することで連鎖を断ち切ることができます。

最後に、なかなか正しい習慣化が身につかないと思ったら、自分の感情を観察してみましょう。マインドフル技法と言われてもので、負の感情が感じられたら無意識的に、その習慣を避けてる可能性が高いです。
アプローチを変えて正の感情になるよう観察して、正しい習慣とするものを見つける必要があります。

自分もこのブログを正しい習慣とするべく、日夜奮闘中であります。


スポンサーサイト

Posted on 2015/02/02 Mon. 18:52 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/5-b2c0a9c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top