山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

本の「使い方」 1万冊を血肉した方法  




著者 出口治明

『人の話を聞くということは、結論を知ることではない。考え方のプロセスを知ることだ。』

この本を手に取った切っ掛けは、「本は1行たりとも読み飛ばしてはいけない」の表紙の文字につられてです。
速読術がトレンドというか時代の流れに逆らった考え方に、興味を持ったから。
結論から言うと、本は好きなように読めでした。
世の中の速読術は、如何に本の中から自分の必要な情報を拾いあげるかを目的としてるのに対して、著者のそれは、書き手の思考をなぞることを目的にしたものです。

思考を鍛えるためには、テキストの文字を一字一句丁寧に読むこと。スキーをお金を払ってコーチを付けるのと、スキーが上手な友達に学ぶのでは上達のスピードが異なるのと、友達の悪癖まで身についてしまう例を出し、思考も全く同じだと。
そして、思考を鍛えるのに最適なのが古典を読むことです。
著者が経済学部の学生にアダム・スミスの国富論を読むことを薦めたら、読んだことないけれども内容知ってるんで大丈夫ですと言われたそうですが、それは違うだろうと著者は怒ってます。
著者がアダム・スミスを薦めるのは、本の概要を知ってもらうのではなく、どのように考えて経済原理を見つけたのか、思考過程を追体験してもらいたいとのこと。
思考過程を追体験ができる。こう考えてみると、今は間違いや時代錯誤のものであっても、読んでみる価値はあるのかなと思えてくるので、不思議です。

それから著者が古典を薦める理由は、人間は何も進化してない考えているからです。
もし、そんなことはない。人間はちゃんと進化していると思っているとしたら、それは人間の本質(脳活動)と技術の進化を混同してるからとバッサリ切り捨ててます。
ここは著者に、完全に同意です。技術の進化に人間は追いついていけないために新しい病気を生み出していると考えているからです。

自分の教養の無さがばれてしまいますが、イギリスの宰相だったチャーチルの名言である。

「選挙とは、必ずしも信用のおけない候補者たちの中から、相対的に良さそうな人を選ぶ『忍耐』である。」

この言葉は、知りませんでした。まさに、今の時期にぴったりではないですか。少なくとも、政治は誰がやっても同じではないことが、先の政府で証明されたのですから。
このチャーチルの言説も、古典を読んでれば知っており、ろくな候補者がいないからと、選挙に行かないのは一番愚かな結論である。選挙とは、消去法で一番最悪な人物を選ばないものだと、価値観変えれば自ずと選挙に足が向かうはず。向かってくれると嬉しいな。

『人の話を聞くということは、結論を知ることではない。考え方のプロセスを知ることだ。』

思考を鍛えるのに古典を読むのが効果的ならば、人間を知るのも古典が効果的である。なぜならば、人間は進化していないから。
人間のサンプルを知るには、「韓非子」を著者は薦めています。
「世の中には、腹黒い人も、寛大な人も、冷たい人も、温かい人もいる。それはどの時代でも変わらない」ということで、『韓非子』を読んで免疫をつけておきましょう。だそうです。

人間が人間であるためには、思考をすることである。本を読む目的は、情報を入手することと思考力を付けるためである。本書ではいわゆる速読を否定してますが、価値観の押しつけはしていませんので、目的によって読み方を使い分けしていきます。


スポンサーサイト

Posted on 2015/07/28 Tue. 22:42 [edit]

category: 実務・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/47-555aa08f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top