山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

面白いほどよくわかる! 心理学の本  



著者:渋谷昌三

<こんな人にお勧め>
心理学に興味があるけど、言葉がよくわからない。
心理学の世界ではユング、フロイトの名前をよく聞くけどどう違うの? と、疑問に思ってる人
心理学の勉強をしてるけど、参考書が欲しい人


<こんな本です>
浅く広く、そして心理学が生まれた背景から現代世界への係わりまでまとめられた本です。
企業でも普通にメンタルヘルスが当たり前に扱われる世の中になりました。
この本は、必読かもしれないです。

1.心理学って何?
2.人づき合いの心理学
3.心理学者で読む心理学
4.人間の成長で見る心理学
5.組織の中の人間行動
6.元気をなくしたときの心理学
7.心を生み出す脳のシステム
8.性格と深層心理の分析

<感想>
人は何故生まれ、そして何処へ行くのか?
哲学は人間観察から生まれましたが、それは思想に集約されてきました。思想ではなく、心への働き、心そのものを突き進んだのが心理学です。
心理学は、一言でいうと人間の心を科学の目を使って研究する学問といえます。
心そのものはたとえ見えなくても、仕草や行動、言動、表情、視線から探ることができ、対人関係からも伺い知ることができる。本当に怖い話です。
だって、自分が知らない自分を、仕草から他人が伺い知る可能性があるのですから。

心理学と学習のつながりもかなり深いものがあります。例えば覚えたことがどの位まで覚えていられるか?をグラフにしたエビングハウス忘却曲線のエビングハウスさん。ドイツの心理学者さんだったんですね。
予習と復習、時間を割くなら復習に、そして習ったその日に復習するのが習慣化しやすく効果が高い。なぜ、自分が学生の時にこの知識を知らなかったのか。残念無念は正直な気持ちではありますが、人間生きている限り、学ばない日々はありませんから、活用していきましょう。

ユングの言葉で、人生の正午を迎えるのが40歳だとか。今は平均寿命が伸びたから、45~50歳程度で
考えられてるとか。あらま、私の人生は丁度お昼どきですか。
最近読書量が増えたのは、お昼どきにご飯を食べるように、知識という名の栄養摂るためだったというのは、こじつけ過ぎですかね(笑)。

犯罪心理学と聞くとプロファイリングを思い浮かべる人が多いと思います。実は、私もそんな一人です。
さて、このプロファイリングですが生まれはFBIなんだそうです。ただ、現在の主流はFBI方式ではなく、リバプール方式という、統計を使ったものなのだそうです。

話を戻して、犯罪心理学の基本的な考え方は「犯罪者とそうでない人の間には明確な違いはない」なのだそうです。
本当に、人はなぜ罪を犯すのだろうか?


社会心理学のテーマは、マインドコントロールや洗脳の解明です。「人間の欲求を操り、情報をコントロールする」この観点から、流行も洗脳やマインドコントロールの一部なのです。
貴方が大好きなものや、習慣を明確に説明出来ない場合や、他人が納得できない理由ならば洗脳された結果かもしれません、恐ろしい。

心理学者で読む心理学の章では、心理学の系譜がよく分かります。進化論のダーウィンの名前が出てきてちょっとビックリです。

人間の成長で見る心理学の章では、赤ちゃんに焦点があてられてます。子育てにちょっと役立ちそうな情報が散りはめられています。
また、年齢が段々とあがって、更年期障害や、嫁姑の喧嘩の話まで、心理学って守備範囲広すぎです。

組織の中の人間行動の章では、人を説得するにはテクニックが必要と交渉の話も載ってます。
最近ではブーメランと聞くと、因果応報的な意味合いに近い感じで使ってますが、心理学では人の心変わりや反発を表すのですね。
最初が好感触でも、最終的に賛同されないことが多いと感じたならば、相手に問題があるのではなく自分のアプローチが間違ってるかチェックする必要があるかと思います。
話の結論を最初に持ってくるアンチ・クライマックスと最後に持ってくるクライマックスは、文章を書くときと同じで、アンチ・クライマックスを基本にした方が無難ですね。
例外は、相手が最初から肯定である時と、物語を語る時ぐらいです。

元気を無くしたときの心理学の章では、心の病気とストレスの話です。
ストレスをためすぎると病気になってしまうのは、そのとおり。そして、うつ病は神経伝達物質の調整がうまくできないことから起こる症状のため、自然治癒は見込めません。逆に考えれば、自然治癒能力の限界を超えると病気になってしまう。
そういった意味では、うつ病は、誰でもなり得る病気だということです。
怖いですね。ストレス発散は、本当に大事です。



スポンサーサイト

Posted on 2015/07/10 Fri. 17:53 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/45-86c8397b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top