山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント  



著者:松岡修三

”自分を幸せにできるのは、自分だけである。だから、人間は誰よりも自分という存在を知らないといけない。”

<こんな人にお奨め>
・日々ストレスと闘ってる人
・自己コントロールを行いたいと思いつつ、どうすれば分からない人

<こんな本>
・自分自身を理解するためには、「自分の取扱説明書」を作成するのが早道。
・ストレスが貯まることは当たり前のこと、ストレスからのリカバリーが肝心。
・決断力は日々の生活で鍛えれる。
・「頑張る」ことはカッコいい。
・「真剣」と「深刻は」紙一重
・良い条件が良い環境とは限らない。
・「坦々と同じことを反復していける人は強い」。繰り返しを新鮮に感じるコツとは。
・「立ち止まり」の時こそ気付きがある。
・自身がテニスプレイヤーだった時の経験だけでなく、キャスターとして世界と戦ってるスポーツマンを通して戦いとは、最終的に自分とどう向き合うべきかを教えてくれる本。


<感想>
松岡修造さんは暑苦しいというイメージがありますが、このご時世にエネルギッシュでありながら、礼節を重んじる人柄が好かれているかと思います。これは、本著においてもその人柄の良さがでています。
少し古い本ではありますが、東日本大震災直後に書かれており困難に打ち勝つためにエッセンスが詰め込まれています。

人はみな自分のことが分かっているようで分かってない。家電製品も取扱説明書を読んで初めて気付くことがあると思います。この例のように「自分の取扱説明書」を読んで初めて気付くことがある。では、どうすれば「自分の取扱説明書」を手に入れることができるのか?
松岡さんは、日記をつけることを推奨しています。
 ・気分が落ち込んだこと。
 ・気分がよくなったこと。
 ・何をしたら体調がよくなり、又は悪くなったか。
時系列でまとめておくと、客観的に自分のことを知る手助けになるとのこと。

「真剣」と「深刻」は紙一重のことですが、プロスポーツで「楽しんでプレー」をすることにおいて怒る人がいるそうです。怒る理由が、「真剣」にプレーを行っていないと感じてるそうなのです。松岡さんは、「真剣」と「深刻」が紙一重であると感じおり、不安や恐れを払拭して集中するために必要である。そのため、「楽しんでプレーをする」行為を批判するのは間違っていると論じています。
この辺は、自分も同じ考えです。「楽しむ」ことは、仕事を行う上でモチベーションや努力する上で必要なことだと日々感じています。本番において「楽しむ」くらいの心の余裕を持つことは非常に大切なことだと思います。

良い条件が良い環境ではない。これは、北京オリンピックで銅メダルをとった松田丈志選手のエピソードで語られています。本当の自分がやりたいことを聞くことを怠ると、自分探しの迷路に陥ってしまうとのこと。
日記や「自分の取扱説明書」を用いて自分と向き合う時間を作ると、自分の心の声を聞く力が養われるそうです。
この辺は、本当に反省の反省を行わなくては。特に昨今ですね、自分の心の声を聞くようになったのは。

己を知り敵を知れば百選危うしからずという言葉あります。この己を知ることは、非常に大切です。自分を過大評価もしなければ過小評価もしない。自分の欠点は自分の長所を伸ばすことで欠点を克服していく。
長所を伸ばすために、頑張ることはカッコいいことであり、頑張るということは坦々と反復することを惜しまないことである。
・・・まったくもってその通りだと納得してしまいました。

言葉は願掛けでもあり、呪いでもある。だから、ポジティブの言葉は口にだしてはいけない。
やることをやって、それでも状況が変わらなかったら。リズムやテンポに変化つけるという全く新しいことを行う勇気も必要である。

「有り難う」と「難有り」
松岡さんの交友の中でプロ意識が高い人ほど「感謝する」気持ちがあるそうです。困難とは出会いたくないは「本音」としてはそうです。しかし、困難があるから、知恵を絞りたくましくもなるという事実も忘れてはいけない。
そして、その困難に乗り越えたのは自分自身だけの力だけではない、だから感謝する。

本書では、イチロー選手の話が出てきますが、イチロー選手は本当にグローブやバットを大切にするそうです。イチロー選手の練習はストイックで有名ではありますが、彼が活躍できるのはグローブやバットという道具があるから。

感謝の言葉である「ありがとう」は漢字を入れると「有り難う」。「難」が「有」る時ほど感謝の気持ちを忘れないことが大切であるということでしょうか。
そういえば、イエスキリストも「汝の敵を愛せよ」という言葉を残しています。

人としての心持ちとして、本当に大切なことなのかもしれません。

スポンサーサイト

Posted on 2015/05/10 Sun. 17:02 [edit]

category: 自己啓発

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/36-af3f4a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top