山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

ZERO to ONE  




著者:ビーター・テール、ブレイク・マスターズ
訳者:関美和

君はゼロから何を生み出せるか”

<こんな人向け>
・起業家や企業志望者
・企画や計画立案者
・自分を成長させたいと思ってる人

<こんな本>
○未来を作る進歩は水平進歩と垂直進歩がある。
○新興国は未来があり、先進国は発展が終わった国と錯覚してないか。
○ITバブルの終焉、そしてその反省は間違いばかり。
○幸福な企業はそれぞれ違う。
○独占を行ってる企業は自分を守るために、さまざまな嘘をつく。
○イデオロギーとしての競争。競争に勝たないと富が得られないと勘違いしてないか?
○人生は宝くじではない。
○人はみな投資家(生きていくうえで、選択や投資を行っている)
○人間は全てを知ってると思うことは、傲慢である。
○すばらしいモノを作れば、みなそれを買ってくれるのだろうか?
○今こそ、人間と機械は手を組むべきである。

<感想>
なかなか、面白い読み物でした。
企業における投資も自分自身への投資もなんら変わらない。生き延びていくためには、選択して成長をしていかなければ価値は下がっていくのですから。
では、自分の価値を下げないため成長するにはどうするべきか?

成長にも水平方向と垂直方向があります。
企業でいえば大量生産、グローバリズム、製品の改良といったものが水平方向のもの。個人でいえば、英語(いやゆる外国語)取得、仕事の改善とかいったところでしょうか。新しいことではありますが、他人が簡単に真似ることが水平方向。
これが垂直方向になると、タイプライターがワープロに変わったようにテクノロジーによって全く別物に変わるものとなります。個人でいえば国家資格をとって仕事に利用するとか転職するなどいったところでしょうか。

もうすでに、パイが無限に膨らんでいくという時代は終わりました。いまだにイデオロギーとして我々の思考は、利益は戦って勝ち取るものだという思考に汚染されたままであるとこの本は警笛を発しています。
簡単にいうと、ライバル企業がある商品でヒットを出したからといって、水平方向的な考えでライバル商品の改良で競争を挑む戦略は間違いということです。
競争の激化のすえ、シェアをとったとしても収益は悪化するからです。
この辺は、実際に液晶テレビやスマートフォンで現実に起きていることです。

では、戦わずして利益をどう得るのか? それは、新天地に旅だって独占を謳歌すればよい。
ええ!! 独占って悪いことじゃないの?
はい、世間では悪いことです。ですから、あらゆる嘘を駆使して独占企業は自分を守るために自分は独占企業でないよう数字や統計を駆使するかを紹介しています。この本ではGoogleが標的としていろいろ分析しています。

カルトと常識の線引きはどこで決まるのでしょう。カルとの中で一般人が受け入れたものが、常識となり否定されたものがカルトのままとなる。
これには、ちょっと背筋がゾクッとなりました。確かに天動説や地球は球体でなく大きい皿のようなもの。これが常識である時代が確かにありました。
さてさて、今我々が常識だと思ってるものが、果たして未来でも常識であると誰が保証できるのでしょうか。

本当に面白い読み物でした。我々が未来へ成長するためには、時代の流れを感じる必要があり、大量生産大量消費の時代から新しい新天地へ旅立つために、我々は進歩しなければなりません。
今、日本を初め少子化が問題とされてますが、今後のエネルギーや資源のことを考えると少子化による人口減少はむしろ問題解決の糸口になるのではないでしょうか?
少子化だ!大変だ。人口が減る移民受け入れようは水平的考え、あるいみ問題の先送りに過ぎません。
この時、垂直的思考で動いたものが時代のパイオニアになれるのでしょう。

スポンサーサイト

Posted on 2015/05/05 Tue. 08:58 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/33-2cd6fa43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top