山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

理系人のための関数電卓 パーフェクトガイド  

理系人のための関数電卓

著者 遠藤雅守

家の棚をあさっていたら出てきた本です。
初版2009年という古いほんです。ちょっと検索かけたところ2013年に改訂されたものが出てました、やったこれでしょうかいできる(笑)

関数ってなに? って人もいると思いますので、簡単に。
高校の数学ででてきました三角関数、sin,cos,tanが代表的な関数ですね。
底辺×高さ÷2で面積というのが三角形の面積の出し方ですが、現実にはこれがすんなり適用できることが少ないわけです。
例えば底辺のもう一つの辺の長さがわかっており、この辺が結ぶ角度が17°と分かっているが、高さは障害物があり不明であっても三角関数を使えば高さ辺の長さを計算で出すことができるわけです。

さて、理系の大学では計算式の持ち込みはOKであり、仕事においても計算式はあっていても計算そのものが間違っていたらアウトなわけです。

そこで本書の出番となります。計算の正確さや計算時間の短縮には関数電卓特有の機能を例題ごとに述べられています。
物理や電気、化学といった分野から、時間や角度といった単位ごとと細かく演習まで組まれています。

おまけとして、関数にちなんだコラムもそこはかとなく散りばめられているのも、読んでいて楽しいです。
世界で一番早く関数電卓を発売したのが、アメリカのHP社です。
この電卓は今の 「1【+】1【=】」 といった計算方法は採用しませんでした。
逆ポーランド式といって 「1【ENTER】1 【+】」と入力すると答えに「2」が出てくるのです。
実はこれ、日本語に対応しており、計算式のかっこを使わずに計算ができるのです。

「1+1=」を日本語で表すと「1と1を足すと?」になります。

カシオなどの日本のメーカーがこの逆ポーランド式を駆逐してしまったというのも、面白い話です。

スポンサーサイト

Posted on 2015/04/29 Wed. 19:35 [edit]

category: 実務・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/31-962f3f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top