山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

読書は「アウトプット」が99%  



著者:藤井孝一

読書の比重は100%インプットである現実は変わりません。
ただ、読んだ本の知識を知恵として自分に対して組み込みことを考えると、アウトプットという作業が必要になってきます。

アウトプットといっても、大げさに構える必要はなく、本の感想を言ったり、本の要約を人に伝えたりすることだけで良いのです。自分にとってはこのブログがアウトプットになっていますが、本の通販を行ってるところは、読者のレビューをアップできる場所があるので、それを活用すれば良いのです。

なぜアウトプットが必要なのか?
それは、記憶力とは覚える力ではなく思い出す力が大切なため。この思い出す力はアウトプットすることで鍛えられるからです。
また、アウトプットすることを念頭におくと、「この本から何が役に立つものが得られるのか」という意識を持つことができます。
これは、確かに私もブログをやるようになって、そういう意識を自覚するようになりました。

また、本著では、斜め読みでもよいから乱読せよ。と薦めています。
本の選定としてまえがき、目次、著者のプロフィールを重要視しています。特にプロフィールはいったいこの人は今までどのようなことを成し遂げてきたか?に注意しており、履歴書のようなプロフィールを書いてある本は敬遠しているとのこと。
世の中の流行はベストセラーで、世の中の本質はロングセラーで、いわゆる古典やビジネス書ならばドラッガーに当たりますね。
あとは、好きなものを好きなように読む。これが、長続きの基本です。

読書というは、簡単お手軽にできる自己投資です。仕事のヒントの得られる事例の一つとして「ロス・チャイルド」の小説をあげています。「ビジネスにおいて情報を制したものが勝者になれる」は誰もが思い立つでしょうが、じゃあどうすればいいのでしょうか。
小説では、ロスチャイルド家の三男のネイサンが、新人の仕事として郵便物と帳簿の整理という雑用から、商取引と金銭のやり取りがすべてわかり、情報の重要性が理解できたという場面があります。
これをただ読んで終わりにするか、自分なりにアレンジして実行するかによって、得られるものは格段に違ってくるはずです。

最後に読書を行い、微力ながらも誰かの力になれることを信じて、このブログを続けていきたいと改めて思いました。

おまけ
子供の頃の嫌だった、読書感想文も本質的には「読書はアウトプットが99%」を狙っていたのだろう。
でも、やり方が悪いよね。と、最近思った次第です。

スポンサーサイト

Posted on 2015/04/19 Sun. 10:12 [edit]

category: 実務・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/28-015d64e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top