山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

書く技術・伝える技術  



倉島保美著

心に残った言葉「『書く技術』は経験では身につかない」

≪こんな本です≫
ビジネスマンである読み手は、文書を読む時間を割くことができないことを想定しろと訴えています。
具体的には、一目で情報が伝わるように文書を構築すること。
今の時代、速読をマスターしてる人が大半であることから、速読が使われることを前提とした文章を書くこと。
そして、文書を頭から読ませることを読者に強要しないこと。
これらが簡潔に、そして、書き手の意思を明確に伝える方法としての書く技術に焦点を当てています。
正しい日本語の文章の書き方には言及していませんので、購入には気をつけてださい。

≪感想≫
数ある文書の書き方の本の中で、速読されることをちゃんと考えて文書を作れとアドバイスしてる本に初めて出会った気がします。
文書の書き方の本ではありますが、正しい日本語で文書を書くのが目的ではなく、如何に読み手が効率よく、知りたい情報を、勘違いせずに吸収させるかに特化した本であると言っておきましょう。

なぜ、日本人は文書を書くのが下手なのか?

誰も、文書の書き方を教えてくれなかったから!!

まったく、その通り。ならば、人は文書はどうやって書くのか。
例えば、問題解決の報告を文書にする場合、テンプレートがなければ、ほとんどの人が自分の思考をトレースしたような文書を書かれると思います。
考えを段階に示せば、よほどのことがない限り駄目なんてならんでしょ?

はい、その考え方間違ってますとばっさり切られます。

あなたが書いた問題解決、読み手が異なれば重要であるし、無価値かもしれない。
相手にとって無価値であるならば、限りある時間を使わせて文書なんて読まさせたらいけません。
ここでの無価値は情報に価値がないという意味ではなく、読み手が既に知ってることでわざわざ再度読む必要がないものも含んでいます。

このように、読み手を第一に考えましょう。が、根底にあります。

精神面だけでなく、本のタイトルの通り技術面でもバッチリ網羅されてるのでご安心を。

「大切なことだから、2回書きましょう」みたいなお茶目なところもありますけども。

今まで文書の書き方の本を買ったけど、物足りない。という方には、ぜひとも読んで頂きたい本であります。


このブログは、Amazon アソシエイトプログラムを採用しております。
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/31 Sat. 22:46 [edit]

category: 実務・実用

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top