山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

パワー・クエスチョン 空気を一変させ、相手を動かす質問の技術  



著者 アンドリュー・ソーベル、ジェロルド・パナス
訳 矢沢聖子

≪こんな本です≫

これも一種の会話術。
相手から情報を引き出すためには、こちら側が的確である質問を投げかける必要がある。

著者であるソーベル氏とパナス氏が自分の体験や、いろいろな著名人からのインタビューしたもの(この質問にはがっかりした、この質問には感銘を受けた等の話)を分類と分析して、シチュエーションごとに使える質問をまとめた本となっています。

質問の活用法、質問をいつ使うのか、質問のバリエーションといった感じです。
頭から読む必要がなく、ある意味目次から興味をそそられるページから読むのがベストでしょう。

≪感想≫
空気を一変させ、相手を動かす質問の技術は、まず相手を知ることから始まる。

実は、質問の重要性は前回紹介した「データの見えざる手」でも、スティーブ・ジョブズが的確な質問でビックビジネスをものにしたという話が載っていたことから、この本を手にした次第です。
質問をする前に相手のことを知る、人間関係を構築するが非常に重要になってきます。
なぜならば、自分のことを知ろうとしない、ましてや信用できない相手に本音など話そうという気にならない。言われてみれば当たり前ですが、自分を売り込もうという考えに支配されるとこの当たり前のことができなくなります。この辺は、著者の失敗談もあげていますので、反面教師的にも使えます。

基本的にこれは強力な本ではありますが、自分にとってはもうちょっと論理をこねくり回した本が読みたかったので物足りないというのが正直な気持ちです。
ただし、30以上の質問がドラマ→解説→要点という流れの構成ですので、強力かつ分かりやすくなっています。
この本と相性が良い方には、人生のパートナーになってくれるでしょう。


スポンサーサイト

Posted on 2015/02/23 Mon. 23:04 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/16-83dd3b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top