山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

世界が憧れる天皇のいる日本  

””

著者:黄 文雄
なぜ、日本が世界の中で唯一無二の「存在」であり続けることができるのか? 『地理的な理由で日本が「島国」だからである。』これも一つの答えではあります。しかし、島国である国は日本だけではありません。世界の国々と日本との決定的な違いは、「天皇陛下」の存在です。
いやいや、世界にも「皇帝」と呼ばれた存在がいたじゃないですか。別に「天皇」の存在が、日本が唯一無二の存在である理由になるとは思えないのですが。
と、誰でも抱く疑問に対して、本著は日本以外の国(主に中国と朝鮮)との国の成り立ちを比較して説明しています。
中国や朝鮮は易姓革命で国が成り立っています。易姓革命とはいわば、前支配者を皆殺しにして新しい国を興すことです。なぜ、皆殺しを行うのかは「己の正当性」を示す方法がそれしかないからです。「前の仕組み」を全否定しないと己の正当性を示せないとは悲しい話です。秦の始皇帝時代から自分の国(自分の一族)が永遠に続くことを夢見ていましたが、淸も含めてそれが達成したことがありません。そういったこともあり、中国は日本を見下しながらも、永遠に続く天皇をうらやましく思っていました。
では、なぜ天皇の系譜がそんなことができたのでしょうか。

天皇は他国の支配者と違って、国民から搾取はしません。第16代仁徳天皇は民百姓の台所から煙が出ていたいことから税の徴収をやめ、3年後、民百姓の台所から煙を立つのをみて。「朕はすでに富んだ」と言われたそうです。皇后はボロボロの姿の天皇を見て「どこが富んだのか?」と訪ねると。
「民百姓が豊かならば朕は豊かである。民百姓が富んでいるのに、王が貧しいということは聞いたことがない」と、仁徳天皇は答えられました。
この伝統は昭和天皇や今上陛下も受け継がれているからこそ、今現在も皇室は人気があり尊敬されているのでしょう。

著者の黄氏は、「他国の国民は作れたもの。日本の国民は生まれたもの」であると言っています。「作られたもの」と「生まれたもの」の違いは「革命」において如実に現われています。
明治維新では確かに戦争で血は流れましたが、明治政府が発足後に旧支配者の処刑というものは行われていません。これは、フランス革命やロシア革命での旧支配者は一族郎党皆殺しと一線を引いています。これは、天皇陛下のもと日本国民一人一人が同じ日本人だという意識をごく自然に持っていることからこそ出来たことであります。
日本人にも出来たことだから、我々にも出来ると革命を起こし失敗した中国の革命と朝鮮の革命は人間の能力の問題では無く、「不変な国の中心がない」ことが原因であります。
今日まで日本の権力者が天皇の地位を簒奪できなかったのは、「カネ」で買うことや「武力」で奪うことが出来なかったからです。「カネ」や「武力」と無縁だからこそ、栄枯盛衰の理とは外れていると言えるのかもしれません。
神話時代の神武天皇から今上天皇まで脈々と続いている「天皇」という存在を守っていくのは、「日本人」としての責務ではあり、また、「天皇」を廃止しようという勢力は「日本人」のみならず「人類の敵」ではないかと思う次第です。
スポンサーサイト

Posted on 2017/10/05 Thu. 16:18 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/108-dd47a294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top