山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

加藤諦三の文書の書き方考え方  



加藤諦三著

こちらの本は、文書を書く為の技術的なものはほとんどありません。
心理学者というか、加藤諦三の考え方は心理学をベースに話を構築していくのは業というか宿命というか、本書でも自白してますが自分の興味があるものしか書けないと暴露しています。

文書を書くことは、モノの本質を掘り下げていく行為に似ている。

ですから、「文書が書けない」のは、そもそも書こうとしているテーマを間違っている可能性が高い。
そして、当事者でないと掘り下げることはできない。

外から眺めて「解説」を書くことや、いいかっこうをしようと瞬間に書けなくなる。
少なくとも、その文章を読んでも人の心は何も響かない。

冒頭で、飼い犬のことを書いてる人が出てきます。
この人は、雑種である飼い犬が大好きでたまらないから、ドンドン犬のことを書くことができる。
犬が病気になって生活が乱れても、それが苦にならない。
もう一人、コリーを飼っている人が出てきますが、この人は文章を書くことができない。
文書を書く動機が自慢だから。飼い犬のコリーそのものに興味がない。コリーが病気になっても、関心がなくコリーが死んでも次の血統書付きの犬を用意する。そんな人には、他人の心に響く文章はかけない。

人は自分の興味のあるものしか書けない。だから、他人のウケのよい文章を真似ても、同じようにウケのよい文章にはならない。

文章を書くには練習が必要。でも、最初は考える必要は無い。
最初は「書くことがない」から始めよう。 「あ、私は」が抜けていた。 「私は、書くことがない。」
そうそう、「何も」も抜けていた。 「私は、何も書くことがない。」
次には、面白い本を読んだら 自分が書きやすいように「真似てみよう」
まずは、書くことを習慣にすること。

昨日書いたものを、今日は言い回しを変えてみるとか。

本当に思ったことを書いてみる。

それが、自分が興味のある文章を書くことに繋がる。

最初は、自分しか分からない書き方でもよい。文書で遊ぶ感覚で手直していく。
それが文書を上達する早道。

それにしても、著者はイソップ物語が好きなようで、「やさしい人」では「ヒナギク」が主人公でしたが、今回は「カササギ」が主人公として出てきます。

「ワシが羊を捕まえるのをみて、カササギがワシのマネをしたら羊の毛に絡まってしまい、羊飼いに捕まってしまった」という話。

自分が何かで挫折してしまったとき、「自分はカササギをしてないか、反省してみることである」また、「私はダメ」だと言ってる人も同じである、その人がダメだから上手くいかないのではなく、「自分がカササギで受け入れてない」から上手くいかない。

これは、文書を書くことでも同じであると、心理学的な話がわんさかと出てきます。

著者の加藤諦三の本が好きならお薦めしますが、そうでない場合は必ずお手をとって確認をしてください。
でないと、「良いこと書いてあるけど、私が知りたいのはそれじゃない」となる場合があります(笑)
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/17 Sat. 14:44 [edit]

category: 自己啓発

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamakatsuda.blog.fc2.com/tb.php/101-19407184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top