FC2ブログ

山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

君の膵臓をたべたい  



住野よる著

不治の病にかかり、余命1年となった時、人はどう生きるか?
これをテーマにした物語です。
膵臓の病気になり家族以外には親しい人には誰にも打ち明けず、死ぬ瞬間まで日常を守っていきたいと少女が、ふいに日記をほとんで接点のないクラスメイトの男子に見られてから、物語が動き出します。
ちなみに、その日記の名前は「共病文庫」。闘病でなく共病なのは「病と闘う」のではなく「病と一緒に生きていく」こと選んだからです。
主人公からは、病気で死ぬことが確定したことで、改めて人生設計をするヒロインの気丈な姿をみて、自分とは正反対な生き方に尊敬の念を抱いていくのです。

ヒロインの方は、親友や友達には病気を秘密にして日常を謳歌しつつ、好きでもない男の子とイケナイことをするという欲望に主人公を巻き込んでいきます。

クラスメイト達は、今まで接点のなかったこの二人が急接近している様子を訝しみます。
特にヒロインの親友は、主人公に対して敵意をむき出しにしていくのですが、彼女は要所要所で物語にアクセント付けていってくれます。

主人公とヒロインは、腹の内を余すこと無く話せる仲になっていくのですが、そんなおりヒロインは亡くなります。

主人公は、ヒロインが自分に対して本当はどう思っていたのか気になり出します。そこで、「共病文庫」の存在を思い出します。
ヒロインは家族に、「共病文庫」の存在を知ってるクラスメイトに渡すよう遺言を残しているのでした。
この作品に第2部があるとしたら、「共病文庫」を読みながら過去を振り返えるところでしょう。
そこには、主人公が知らないヒロインの姿がありました。

なぜ、ヒロインはあの時あんな行動をとっていたのか? 
なぜ、ヒロインは主人公に心を許したのか?

性格はまさしく正反対の二人なのだけども、似たもの同士の二人。

そして、本の題名である「君の膵臓をたべたい」は、主人公がヒロインへ送った言葉であり、ヒロインが主人公へ送った言葉でもあります。送ったタイミングは別々ではありましたが、その言葉に込めた気持ちは・・・・

読後は心が洗われた気持ちになりました。理由を考えると、人は必ず死ぬ。
これを大前提に考えれば、この作品はまさしくハッピーエンドだからだと気付かされました。
スポンサーサイト

Posted on 2017/11/05 Sun. 19:22 [edit]

category: 小説

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top