山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

翁長知事と沖縄メディア  



著者 仲新城 誠 (八重山日報編集長)

 引き続き、沖縄県の中華人民共和国とそれに与する日本の反米・反日組織にスポットを当てた本です。前回の我那覇真子氏とは違い、著者の仲新城氏は、石垣島を拠点とした新聞社に所属しているため、中立な立場を崩していないところは、日本全国のマスコミ・メディアは爪の垢を飲んで見習ってもらいたいものです。
 本著を読むと如何に正しい情報を入手するのが、大切であるのか。そして、自分の思い通りに事にするためには悪意をもって人を陥れようとする人間が正義の味方面をしている。そういう恐ろしさを垣間見ることができました。
 
 現在、尖閣諸島の領海は中国の海警による領海侵犯を受けていますが、尖閣諸島の目と鼻の先にある石垣島の住民にとっては既に生活が脅かされている現状があります。例えば、日本の領海内であるにも係わらず、漁船がまともに航海することができない。そして、漁船を海上保安庁が護衛すると、「過剰防衛」だと非難する勢力が日本にいるという事実があります。
 また、中国脅威論はいたずらに沖縄周辺の緊張を高める行為であり即刻やめるべきだと、元外交官の孫﨑享氏が筆頭に声を張り上げています。しかし、この考えは全くもっておかしな考えで、「中国脅威論」とは無縁におとなしく漁業を営んでいたのに、「領海侵犯」を繰り返して「緊張」を高めたのは、他ならぬ中華人民共和国側であることを完全に無視しています。
米軍が沖縄県民に負担を強いるのは許さないが、中華人民共和国が沖縄県民に負担を強いるのは我慢しろ。これが、沖縄で反米・反日運動を行っている人間の本音であります。
 そして、中国脅威論の話で外してはいけないのが、尖閣諸島関連の話となります。中華人民共和国が尖閣を執拗に狙いだしたのは、尖閣を日本の国有化が原因であると思い込んでいませんか? そう思い込んでいたら、それは尖閣諸島のいざこざの原因を作ったのは、日本側だというプロパガンダにしてやられている証拠です。

 さて、本のタイトルにある沖縄メディアですが、主に「琉球新報」と「沖縄タイムス」を差しています。作家の百田尚樹氏がこの2紙を潰さなきゃいかん。と、発言し、百田氏を批判する2社とその2社を擁護する言論の戦いがおきました。
著者の仲新城氏は、この言論の戦いにおいては公平なスタンスで見ていましたが、あることがきっかけで「言論を封殺」されかねない事態に陥ります。

 それは、米軍基地反対デモの取材にデモ側の陣営に恫喝を受けます。反基地派がキャンプ・シュウワブ周辺で違法駐車や交通妨害で住民が迷惑しているという記事を書いたことだけで、恨まれるとは著者も思ってもみなかったそうです。
八重山日報が自衛隊や米軍に賛成とみるや「自衛隊や米軍基地を八重山へ持って行け、八重山日報が先頭に立ってキャンペーンを張れ」と言われたそうです。彼らのスローガンと明らかに矛盾した発言をする。結局のところ、反基地派が好んで使う「沖縄差別反対」とか「反戦平和」というフレーズは建前に過ぎず、本音は米軍や自衛隊を標的にした単なる反米、反日運動ではあり、日米両政府がやることに何でも反対するのが、彼らのメンタリティであります。 

 上記では米軍基地反対の問題点を指摘した。では、基地賛成派の保守側ではどうなのか? 実は保守側にも問題点があると指摘する。
その問題点とは、米軍基地を経済復興の道具と考えてしまっていることです。
本来、基地が必要か必要かないかは、国防を絡めて考えなくてはならないはずが、それが保守側の政治家の頭から抜け落ちている。だから、選挙における争点が、国防からそれてしまっているのが実情です。

最後に、石垣島出身の特攻隊員である、伊舎堂用久中佐の話をします。彼は沖縄戦の特攻第1号として戦死し「軍神」と呼ばれたそうです。そんな彼の顕彰碑が、2013年の終戦記念日である8月15日に地元の石垣島に建てられました。
この顕彰碑の建立の意義は2つなんだそうです。
「戦後教育の中で価値観が変わったからといって、今の価値観で特攻隊を断罪してはいけない」
「新しい空港が開港し、空前の観光ブームに浮かれて、尖閣の危機に対して何処吹く風に対しての警鐘」

特に、今の沖縄の子供に対しての平和の教育は、「戦争は絶対にしてはダメ」で終わっていて、「戦争については聞きたくもないし、考えたくもないという思考停止に陥った」子供の大量に生み出している状態になっています。これを憂いた石垣市の玉井教育長が、平和教育を見直しに関する発言をしたら、琉球新報と沖縄タイムスが社説で攻撃。教育の現場でも言論の自由が踏みにじられている現状があります。
沖縄の教職員組合から脱退した仲村氏は沖縄の平和教育は「反日教育」だと断言しています。中国共産党が国内向けに行っている反日プロパガンダと質的に同一、国民に「思考停止」させるのは独裁国家の常套手段であると。
「反日教育をやること自体が共産主義革命思想につながる。組合は教え子を革命の闘士に育成するようなことをやってきた。沖縄独立論も一緒」と仲村氏は危惧しています。
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/28 Sun. 09:50 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

日本を守る沖縄の戦い ~日本のジャンヌダルクかく語りき~  



著者 我那覇真子

 著者の我那覇女史は、国連人事理事会で翁長沖縄県知事のプロパガンダスピーチに対抗して、スイスジュネーブでスピーチをされた方であるため、知ってる人も多いかと思います。
 さて、日本では国連の名が付いたものは全て格式高く、世界へ向けての発信としては最高の場所というイメージがあるかと思います。が、現実は全く異なり、翁長知事は「国際社会へ沖縄の米軍基地に対してアピールしてます」という国内向けの宣伝に過ぎないことが理解できます。

 さて、彼女がなぜ保守になったのか? それは単に自分の身に危険を感じての活動にほかなりません。日本人としての生活を守るには、日本を守ること、いわゆる国防が大事になります。
 
 左翼における米軍の「辺野古への移転反対」は、沖縄の負担を減らすことを目的に活動している根拠と辻褄が合わないことを本書では指摘しています。まず、辺野古へ移転は、市街地に近い普天間基地がなくなることで危険がへり、多くの米軍基地で使っていた土地が沖縄へ返還が実現します。つまり、辺野古の移転は、左翼のいう「反戦平和の為に、基地撤去を求める活動」が、本当の活動目的でないという事実を浮き彫りにしています。
 では、左翼の本当の目的とはなにか? 市街地にある普天間飛行場の移設による危険性の除去などどうでもよく、ただただ、米海兵隊の弱体化が真の目的です。

 さて、左翼活動においては、自分達が有利になるためには、平気で嘘をつくというのはいろんな方が語っていますが、本書でもあげられています。
普通に下記のものがそうです。
 ○普天間は世界一危険な飛行場 → アメリカ国防長官のラムズフェルド氏が発言されたと言われているが、そのような事実なし。
 ○市街地に普天間飛行場を作った → もともと日本軍の飛行場を米軍が利用。飛行場の周りに街ができた。
 ○辺野古の基地は米軍が無理矢理作った → 辺野古側が米軍基地を誘致した。
 ○辺野古基地の周辺の住民である名護市が反対している → 昔は辺野古とその周辺は久志村といい、名護市とは別の自治体。反対している名護市は辺野古の周辺地区でもなんでもない。
 ○辺野古の海を埋め立てるとジュゴンが絶滅する → 辺野古の海にジュゴンはもともといない。ときたま、回遊で辺野古の海に現れるだけ。

 ここまで、作為的な発言をしてくるとまともな神経では相手をしていられません。これは左翼が狙っているので、「決して相手の間違いを正してやろう」という考えで接するのは間違いなのだそうです。なぜなら、都合が悪いと話をすり替えてくるからです。
では、どうすれば良いのか? 
 彼らはその都度その都度で最適な言葉を使ってきますので、悲しいかな、話の整合性がとれないという欠点があるのです。ですから、彼らの矛盾した発言を突きつけていけば事が足ります。

 最後に「和を以て貴しとなす」聖徳太子が制定した17条憲法の心構えですが、今の日本は似て非なる「事なかれ主義」に陥っていると語っています。悪いことや都合の悪いことを避ける「事なかれ過ぎ」に「和を以て貴しとなす」にこの言葉を用いることは憲法17条の精神に反することであり、著者の活動原理の一つでもあります。

沖縄問題は、日本の一地方だけでなく中国の覇権主義の脅威にされされる問題でもあります。そう、けっして対岸の火事ではないのです。

Posted on 2016/08/21 Sun. 11:35 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

人類を超えるAIは日本から生まれる  



著者 松田卓也

 人工知能が人類を超える。まさに、SFさながらターミネーターのスカイネットが人類に対して宣戦布告する話を想像するかもしれませんね、この本のタイトルだと。(そういえば、スカイネットを作った会社と同名の会社が日本に存在してました。)
確かにこの本には、SFで人間に反旗を翻す(一部例外もあり)映画を紹介してますが、著者を始め人工知能の専門家は、そういうことは起こりえないと断言しています。
人工知能といっても、その知能をどこまで人間に近づけるのか?
実は人工知能の専門家によって知識、感情、人格の全部、または一部と求めるものが大きく違い、したがってアプローチも違っているのです。

 人工知能はチェスに続いて囲碁の世界チャンピオンにも勝利しました。ただし、この人工知能はチェスや囲碁への特化型であります。
特化型は決められたある分野では人間の能力を超えてきましたが、それしかできません。
なので、汎用的な人工知能の開発がこれからのメインとなってきます。有名どころでは、Google、IBM、フェイスブック、マイクロソフトがインターネットを元に情報を集めて人工知能に資金と技術を結集して、本気を出してきました。
 特にIBMは、渡辺謙がCMで会話している「ワトソン」が有名ではありますが、これとは別に人間の大脳新皮質の再現を目差しているジェフ・ホーキンスと共同開発を始めています。
ちなみに、人工知能の開発者のなかには、「宇宙の神秘を解明」が目的で手段として人工知能を生み出そうとしている人がいます。先のジェフ・ホーキンスやGoogleに会社を買収されたデミス・ハサビスがそうです。

 さてさて、日本での人工知能の取り組みはどうなっているのか?
日本は過去、国家プロジェクトで第5世代コンピューターというものがありました。「○○の場合は、○○する」というルールを積み上げていけば、人工知能ができるのではないか? そういう考えで1980年代に研究されていましたが、このプロジェクトは失敗します。もっとも、同じ「ルール型人工知能」を研究していた外国勢も失敗してましたが。このプロジェクトの本当の失敗は、人間の知能を過小評価していたからだと言われています。

 では、21世紀の日本では、どのようなアプローチで人工知能を開発されているのか?
「全脳アーキテクチャ勉強会」というグループで汎用人工知能の開発が始められています。人間の脳の機能は、実はいろいろな部位からなりたっています。大脳、小脳、海馬、基底核、扁桃角などです。これらの同等の人工脳機械学習器を作って組み合わせれば、人間の脳と同等かそれ以上の人工知能を作り上げることができるという考えをもとに、全脳アーキテクチャ勉強会は活動を行っています。

 冒頭では、人工知能が人類に反旗を翻すとは専門家は考えてもいないといいました。
でも、そういう考えは蔓延しています。例えば、起業家のイーロン・マスクや物理学者のスティーブン・ホーキングは人工知能における危険性を訴えています。著者はこれを「ハリウッド的世界観」と切って捨ててます。
 なぜ、ここまで温度差は大きいのか? それは、ハリウッドに出て来る人工知能を作り上げることがほぼ不可能なことを、専門家は知ってるからにほかなりません。

 ただ、人工知能が発達すると、別の意味での危険性は存在します。
まず、人間は仕事を奪われます。下手すると芸術家も仕事を奪われます。ただこれは、ギリシャ・ローマ時代の再来になると予想している人もいます。いわゆるギリシャ・ローマ時代は労働を奴隷が行っていました。この奴隷の部分を人工知能が担うことで、人間は遊んで暮らせる世界が来るという予想です。
 もう一つの危険が、格差の拡大です。いわゆる、人工知能を手に入れた国家はより発展をしていき、人工知能を持たざる国は支配されていう世界です。
 これらは、どちらも人工知能がもたらす問題ではなく、人間側の問題ではありますが。

 人工知能は21世紀の産業革命になり得るでしょう。なぜなら、生活が想像絶するくらいに一変するからです。
産業革命に乗り遅れた国は、世界の主流から取り残されました。この流れに乗れなければ、日本も今の世界的立場でいられる保証はありません。
そして、日本はこれから少子化の影響で人口は減っていくでしょう。でも、これはある意味チャンスなのかもしれません、少ない人口で社会を回るように社会変えていくのに人工知能は手段の一つとして有用なのですから。

 世界は2030年を目標にプロジェクトを走りだしています。日本がこれに追いつき追い越す為の切り札が、齊藤元章氏の人工知能プロセッサ「NSPU」です。最後の章は著者と齊藤氏対談が載せてあります。

Posted on 2016/08/13 Sat. 11:25 [edit]

category: サイエンス

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top