山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

働かないアリに意義がある  



著者 長谷川英祐

「タイトルの『働かないアリ』よりも『裏切り者』にショックを受けた」

この本を読んだ最初の感想は、人間はなんて傲慢であり、人間は都合のよいように自然界を観ているんだなという思いです。文書がウェットに富んでいるので、読書後の気持ちは重くはなりませんが、アリやハチに対する印象は確実に変わってしまいました。

私たちが普段目にする働きアリですが、餌をとってきて女王や卵、子供のアリの世話をし、巣の修復を行い、外敵から守ると文字どおり働き者です。そして、自分では子供を産まないことから、献身の鏡だと多くの人が思っていたことでしょう、実際私もそう思っていました。

自然界の大前提にあるのが、「自分の遺伝子を次世代に残す」です。実は働きアリもこの本能に忠実に守っているだけでした。

 我々人間と違い、遺伝子の伝え方がアリは異なることにより、アリにとっては「自分の子供よりも、自分の妹との遺伝子が共通する」という特徴があります。したがって、働きアリは自分の遺伝子を多く残す為に、女王アリや妹アリを世話をしているのです。実際に女王アリが弟アリを多く産むと、遺伝子がほとんど共通していないことから弟アリを殺害することは珍しくないそうです。
 働きアリは滅私奉公しているというイメージは、まさに人間の想像の産物だったわけです。

また、社会性が順調に機能すると「裏切り者」が出てくるという話も面白かったです。
いわば、社会貢献をいっさいしないで、自分の私利私欲のためだけに生きるものが出てくるというのです。
ちなみに、ここでの「裏切り者」と本のタイトルの「働かないアリ」は別物ですので、ご注意願います。

さて、この「裏切り者」は社会貢献を一切せずに、自分の子孫を残すことだけしか行いません。恐ろしいことに、この「裏切り者」はたまたまそういう個体が現れるのではなく、「遺伝子」が紛れ込んでくるのだそうです。
つまり、「裏切り者」の子供は「裏切り」行為しかしません。
「遺伝子」が裏切り行為を起こさせるのですから、その「裏切り者」が蔓延る社会は衰退していきます。
実際に、そういう「裏切り者」が増えたアリのコロニーは滅んでいきます。

これはなにもアリだけの話ではなく、社会性である動物全般にいえることですから、人間社会にも当てはまります。
日本では、生活保護を不正受給している輩や、世界では難民問題も「社会貢献しない」勢力が少なからず問題になっているように思われます。
そして、社会性を持つといえば「細胞」もそれに当てはまります。人体を繁栄させるために「細胞」は各々「臓器」として分化していきました。この細胞おいての「裏切り者」は癌です。
本著では深く踏み込んでいませんが、医療の進歩等で「人体の社会性が向上」すると、癌は増えるのでないか?
そんなことを考えさせられました。

最後に、生きていく上で見失ってはいけないなという文を紹介したいと思います。

『多くの研究者(プロを含む)は、教科書を読むときに「何が書いてあるかを理解すること」ばかりに熱心で、「そこに何が書かれてないか」を読み取ろうとはしません。学者の仕事は「まだ誰も知らない現象やその説明理論を見つけること」なのにです。優等生とは困ったものだと「変人」である私は思います」

この考え方は、別に学者に限った話ではありませんよね。
唯々、人の考えをトレースするだけの人生は歩みたくないものです。
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/21 Sat. 13:29 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えⅡ  



著者 岸見一郎、古賀史健

前著「嫌われる勇気」から3年後の話です。
青年が図書司書を辞め、教師としてアドラーの教えを貫こうとしたが、挫折をしました。
やはり、アドラーの教えは間違いであることを認めさせるために、再び青年が哲人の元に現れたところから物語が始まります。

「嫌われる勇気」ではアドラー心理学の神髄を語り
「幸せになる勇気」では、アドラー心理学の実践する上での苦難を語っています。

「アドラー心理学ほど、誤解が容易で、理解が難しい思想はない」

この一言につきます。

青年は「褒めるな」「叱るな」を実践したら、子供達に嘗められて教室が混沌としてしまった現状を嘆きます。
哲人は「子供のことをちゃんと見ていましたか?」と尋ねます。
この場でいうちゃんととは、「一人の人間として対等に、そして尊敬をして信頼していたか?」です。

人間関係においての「信用」と「信頼」の違い。
「信用」とは条件をつけて相手を信じること。
「信頼」とは条件なしで相手を信じること。

『相手を条件なしで信じることができなければ、相手は貴方を信じませんよ。』

ここで、ある漫画が頭によぎりました。
松井優征氏の「暗殺教室」です。
「ある日突然、謎の超生物がある学園の落ちこぼれ教室の担任になった。しかも、生徒達はこの担任を暗殺しないといけない」という突拍子もない設定ではありますが、ストーリーはよくできています。
青年は、子供達を愚劣な愚かな存在として扱っていますが、暗殺教室の担任は生徒とひとくくりにせず、子供達一人一人対等に接していきます。
この担任は子供達から信頼を勝ち得ますが、子供達は「大好きなこの担任を、自分たちは殺さないといけないのか?」と・・・・ 苦悶しながら、自分たちで解答を見つけていく。
作品自体は子供向けなのですが、根底に流れている問題は果てしなく深いので一読されることをお奨めします。

さて、アドラー心理学は全ての悩みは対人関係が原因であると考えています。
対人関係の問題を解決するには、如何にして「人から愛されるか」、「愛されるための技術」を磨けばいいのか?
否、必要なのは愛することが大切だとアドラーは説いています。
しかも、自分にとって都合の相手ではなく、ただ全ての対象を愛することが大切だと。

アドラーは「恋に落ちる」現象をだいたんに否定しました。前巻の「嫌われる勇気」では「トラウマ」を否定してましたが、今度は「恋に落ちる」ことの否定です。

大好きで大好きでしょうがない相手といざ恋人になったら、ぞんざいになるという話は珍しくない。
これは、「相手を征服して、自分の思いのままにしたい」衝動を恋だと勘違いしていると言い切ってます。

「怒り」のみならず「愛」も、自分の意思で出し入れできるものだと言えば、反感をかいアドラーの元を離れる人がでるのも納得です。

ちなみに、アドラーの元へ訪れる人の大半が、恋愛相談だったとか。

「先生、どうすればあの人から愛されるようになれますか?」
「愛されようとは思わず、貴方が愛しなさい」
アチャー、「まさに、話がかみ合わない」状態です。

ユングやフロイトとの心理学とここまで違うのは、人は真の意味で相手をコントロールすることが出来ないからです。コントロール出来るのは、自分のみ。
今、自分が出来ることは何なのか? これが出発点なのです。
アドラー心理学は机上の学問でなく、今利用可能のものを使って実践していくものなのです。
信頼されたかったら、自分から信頼する。愛されたかったら、自分から愛する。しかし、前著の「嫌われる勇気」のテーマであったように迎合する気持ちがあったら駄目です。
相手に気に入られれば、相手は「私」を信頼してくれるだろう、愛してくれるだろうと期待をしているのですから。
「信頼」や「愛」は見返りを求めない、無償の行為でなければならない。

アドラー心理学と宗教の違いは、決して弟子をとらず、自らキリストやブッタ如く、目の前にいる人に無償の愛を与えることであろうか。

Posted on 2016/05/07 Sat. 10:08 [edit]

category: 自己啓発

tb: 0   cm: 0

すごいメモ。  



著者 小西利行

メモをとっても、後でそのメモを読んでみてもチンプンカンプン。そんな経験ありませんか?
なぜ、そんなことが起きるのか?
メモを書いてる時は記憶が鮮明なため、記憶を補助する程度の内容でも要は足ります。
しかし、未来の自分は記憶が曖昧であり抜け落ちているため、記憶の補助を目的としたメモを見ても内容が理解できないといった事態に陥ります。

そこで、メモを書くにあたって重大なことは、今の自分ではなく記憶が曖昧になった未来の自分へのメッセージを残すことなのです。

また、アイデアは既存の考えの組み合わせが大切なため、検索性が大切であると説いています。
その検索性を持たせるための簡単な仕組みの一つが、日付の記入です。
メモに書いた言葉の時代背景、その年の夏はうだるような暑さだったから、そんなメモを残したのか、ある事件に衝撃を受けてそんなメモを残したのか。
また、今はやりのカタカナ言葉も、その言葉が使われていた背景を汎用的な言葉にして残すことも推奨しています。なぜなら、カタカナ言葉は流行り廃りで使われなくなっている可能性もありますが、将来別の分野で使用されている可能性もあるからです。

思考を紙面に残す時、将来それが宝物になるか腐った情報と成り果てるのか。
メモ書きにも目的意識が非常に大事である。それを終えてくれる本となっています。

巻末には、小説家 伊坂幸太郎氏とのメモ書き対談がありますので、これだけを読むのも面白いです。

Posted on 2016/05/01 Sun. 10:22 [edit]

category: 実務・実用

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top