山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

誤解だらけの電力問題  



著者 竹内純子

本著を読んで、電力神話というものはかなり根深いものだと痛感しました。
電力には「神話」が生まれやすいと論じられていますが、確かに間違った固定観念が植え付けられやすく、思考をするにあたって、間違った情報を元に判断したら結果は必ず間違うのは当たり前です。
そして、日本と外国とは電力事情が違いますから、外国がこうだから日本もそれに習った方が良いという考えは非常に危険だというのも認識できるかと思います。

今年から、電力業界が自由化されていろいろな企業が参入しています。しかし、実は日本の電力業界の黎明期は今のベンチャー企業に相当する企業が入り乱れていたことを知ってる人はどれくらいいるのでしょうか?
交流電流の周波数が東日本と西日本では異なりますが、これもベンチャー技業が自分に有利になるように好き勝手にやった結果であったりします。
じゃあ、お前は電力自由化は反対なのか? と、問われたら、「競争がない分野は発展しない」と思っていますので基本的には賛成です。
しかし、電力自由化が必ずしも電力料金が下がるとは限らないということも知っておくべきです。

この辺は、電力事情で日本の遙か先を進んでいるドイツの事例で説明されています。遙か先というと「輝かしい未来」を想像してしまいますが、現実は「誰も幸せになれない地獄」となっています。そして、ドイツの失敗と同じ失敗を日本も犯そうとしています。

ドイツの失敗とは?
一つは、家庭で発電した電力を買い取る仕組み(FIT)の問題点をあげてます。著者は実際に「太陽光発電」導入して明細書をあげてます。注目するのは2点、売電での収入とコスト負担の省エネ発電賦課金です。売電の基本金額は年々下げていくのに対して、コスト負担は年々上がっていく仕組みとなっています。初年度はペットボトルのジュース程度の負担が、レストランの昼食の料金まであがっていくのです。
実際ドイツでは、憲法違反と裁判沙汰になっています。この問題点が顕在化していたのに、日本はこれを導入してしまいました。

二つめ、自由化の弊害についてです。
競争原理が働くとサービス向上されるのは確かですが、それは盤石な経営基盤があってこそなんです。特に太陽光や風力発電は晴れなければ発電をしない、風がなければ(風速がありすぎても)発電しないとなれば、補完として火力発電に頼ることになります。特にドイツは再生可能エネルギーによる発電を率先して使わないといけない法律があるため、火力発電所の効率が非常に悪い状態となっています。
また、電力は供給と需要のバランスが非常に大切で、太陽光や風力が頑張りすぎて電気を大量に作られ供給過多になった場合も停電の可能性が高くなるそうです。こうなると電力会社はお金を払って電気を捨てることになり、経営が圧迫しています。実際にドイツでは2000年から2010年の間に電気料金が1.8倍に膨れあがりました。そして、今は、倒産した電力会社もあり税金を投入している現状となっています。

あと本著は、電力事情を歴史を踏まえて完結にまとめられています。各国の産業用と家庭用の電気料金を購買力平価換算や為替レートで比較を行っていたり、環境問題に対しても記述があります。

ーーーー ここから抜粋 ーーー
実は日本政府は、日本と相手国政府の2国間で協定を結び、日本の技術を導入して温室効果ガス削減を図る、柔軟で実効性のある仕組みを構築しようとしています。この新たな枠組みには、多くの途上国が興味を示しています。
ーーーー 抜粋ここまで ーーーー

でも、なぜか日本では報道されません。
なぜなら、「日本が孤立の危機」と書かないと、本社のデスクに記事を取り上げてもらえないそうです。
こんなところにも、報道しない自由が蔓延っているとはビックリした次第です。

今後、電力会社をかえるかえないを考える上で、電気ってどうやって作られて、家庭にはどうやって運ばれているのか?
海外と比べて日本は本当に劣っているのか? 電気を安くなるのは歓迎だけど、引き替えに何を失うのか?
この電気のことを考える為の材料が、よくまとめられている良書です。
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/23 Sat. 10:09 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

エディー・ウォーズ ~ラグビー日本代表希代の勝負師との戦い~  



著書 生島淳

「どうして、アイツらはスクラムを組んでいるんだ!」
日本代表のヘッドコーチである、エディー・ジョーンズの怒声から始まりますが、小説風のため、冒頭から作品にぐいぐいと引き込まれます。

この作品は、2015年に行われたラグビーのイギリスワールドカップで、南アフリカを破り、3勝したのに準々決勝に進めなかった歴史上初めてのチームになった日本代表の物語です。
ヘッドコーチのエディと選手はもちろん、彼らを支えたスタッフにも光をあてています。
エディが自分の夢を叶えるために、その環境を整えるためにスタッフを集め、また、指示をしスタッフ達が最高の仕事をしていたから、日本代表が輝けたといっても過言ではありません。
例えば、メンタルコーチの荒木氏は日本代表は過去に1勝しかしておらず、「勝つ文化もなにもないから、目に見えることから始める」といって最初に取り組んだのが「君が代」をメンバー全員で歌うことでした。
メンタルとは目に見えないもの、だからといって目を閉じて瞑想すればプラスになるとは限らないそうです。

そうか、禅や瞑想ではなく、国家を歌うことでメンタルが育つ。考えてみれば世界各国の国家と比較しても「君が代」は心落ち着く楽曲となっているのも精神に効果があるのでしょう。
今、一部の教育関係者は「君が代」を歌わせないことに心血注いでいるみたいですが、本当に害毒でしかない。自分の国の国歌が歌えないで何がグローバル化なのか。

さて、段取り8割という言葉がありますが、これも遺憾なく発揮されています。
審判も人間ですから、クセや考え方は人それぞれです。というわけで、W杯で主審を務める人物である、ガルセル氏を呼び寄せて練習試合を行っています。これは、ガルセル氏がどういう判定を行うのか、選手達に肌で感じて貰うためです。
正直言って、こういう発想はこの本を読むまで頭に無かったです。

歴史を変えるためには、自分の限界を超えなくてはならない。
それは、肉体的にも精神的にも。

次は日本でワールドカップが開催されます。この最高の場で日本代表がイングランド代表監督となったエディー・ジョーンズと対決する日が待ち遠しいです。

P.S.
ノーサイド、試合終了後は敵味方もなくなる。
南アフリカはラグビーが国技です。これまで、1勝しかしてないチームに敗れても笑顔で「おめでとう」といえる人間力に小野選手は感激していました。
本当にラグビは紳士のスポーツです。

Posted on 2016/04/09 Sat. 15:23 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

中国4.0 暴発する中華帝国  



著者 エドワード・ルトワック
訳者 奥山真司



"キーワードは逆説的論理。国家間の戦略は逆説的論理で考えないと足下をすくわれる"



エドワード・ルトワックは日本に対して、防衛に関してアメリカを頼りにしてもよいが頼り切ってはダメだと提言している。
尖閣諸島のように離島に対しての防衛は想定していないし、また、アメリカは能力も持っていないと。
尖閣諸島が中華人民共和国のものになっていないのは、彼の国が戦略的に行き当たりばったりで口出しはするけど行動に出ていないからだと。
ルトワックはロシアが尖閣諸島を侵略するならば、プチーチンは習近平が「釣魚島」と中国名を使うようなことはせず、「尖閣」という言葉を使い、二度目は「尖閣を取り戻す」、3度目には「尖閣」はロシア領になっているだろうと分析している。つまり、ロシアは言葉を重視しない。


「ロシアは戦略を除いてすべてダメで、中国は戦略以外はすべてうまい」 ルトワックはこう格言を残しています(笑)


中国は戦略がダメとルトワックは言っていますが、それでも最初は「平和的な台頭」で世界中の国からは警戒されるどころか、好意的にみられていた時代もありました。
ルトワックはそれを中国1.0と呼んでいます。
なぜ、中国は上手くいっていた戦略を放棄したのでしょうか?


2009年のリーマン・ショックにおける、アメリカ経済のつまずき。
これで、中国はアメリカを上回ることができると勘違いしてしまった。特に当事はゴールドマン・サックスが自分の商品を売るために、「BRICs」と持て囃していたのを真に受けてしまったと言いたい放題。

中華人民共和国は、ここでアメリカを凌ぐ力を手に入れられると勘違いを犯して、戦略を変えます。それが、中国2.0。
金の力で、他の国を支配できると「対外強硬路線」に突っ走ります。

南シナ海での傍若無人ぶりも、この頃に行い。日本に対しては尖閣諸島をターゲットとします。

ここで、中国の誤算は問題は二国間だけで解決できると思い込んでいたこと。

南シナ海での例では、中国とベトナムとのいざこぜは中国が力を付けすぎたことにより、ベトナムに手を貸す国が現れたことです。
これは、ベトナムが小国であるが故に援助しても脅威になることはないという論理が働くためです。
ルトワックはキーワードである「逆説的論理」が働くと説明をし、「大国は決して小国に勝てない」という持論を展開してます。


「大国は小国に勝てない」過去の事例で、日露戦争をあげています。
日露戦争では日本は小国であったため、イギリスから援助を受けて戦艦を購入することもできたし、イギリスが手を回して日本海へ来るバルチック艦隊の補給させないよう力を貸してくれた背景があったことを忘れてはいけません。


対外強硬路線で、世界の国が反発するようになったことから、今度は「選択的攻撃」である中国3.0へ以降していきます。
反発する国への攻撃は止めて、反撃をしない国を攻撃を行いますが、ルトワックが言うには中国は最悪の戦略をとったと説明しています。
なぜなら、反米親中であったフィリピンが距離を置くどころか、いったん追い出したアメリカをまた招き入れたのですから。


中国のこの失敗の原因は、「都合の良い相手の創造」「経済力と国力の勘違い」「大国と小国との争いは1対1とはならない」と解説しています。


最後にルトワックは日本に対してこう提言しています。中国の戦略は行き当たりばったりで予測がつかないことから、積極的に計画をたてるのではなく、あらゆる受動的対応で、あらゆる想定に対処できるようにするべきだと。
先の安保法案では、共産党を初めとした一部のデモでは、「戦争法案」と攻撃してましたが、中華人民共和国に対して「安保法案」で他国と対処するのは自然の成りゆきではないでしょうか。

Posted on 2016/04/02 Sat. 20:54 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top