山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

神が愛した 天才数学者たち  



著者 吉永良正

数学が苦手な人に、ぜひとも読んでもらいたい本です。

古代ギリシアからフランス7月革命時代の数学者達の生き様を描いた本です。
当事の数学者は、どのような人物を抱えているかで、その国の最先端を誇示する尺度にもなる。
そういう歴史的な観点から眺めてみると、他の歴史本とは違った発見があるかもしれません。
カエサルとか、クレオパトラとかナポレオンの名前が出てきますしね。
そして、時の国王の傍若無人さというのも、ヒシヒシと感じられます。

伝記という形をとっていますから、数学者達の偉業だけでなくその人間性に触れています。
この本を読んで一番ビックリするのが、ニュートンではないでしょうか。
リンゴが落ちるのを見て、万有引力の発見をしたとされている、ニュートンですね。

「万有引力の発見」は当事の科学最先端を走ってるイメージがありますが、実は呪術的なものに手を染めていたり。
私利私欲のために、公私混同甚だしいことを行っていたそうです。例えば、こんな感じで

====引用===
P216
1699年つまり造幣局長に就任して世俗的な名声を手中にした年に、ニュートンは早くも微積分の発明に関してライプニッツの剽窃を告発する文書を王立協会へ送っている。その後、会長の地位に就いてからは、この件に関して「公正な裁定」を下すために「各国の識者多数からなる委員会」を設立。ただし、委員の任命権は王立協会会長すなわちニュートン自身が掌握していた。当事は知られていなかったが、この委員会が出した報告書そのものも、ニュートンが書かれていたことがわかっている。
===引用終わり===

裁判でいうと、原告=裁判官=ニュートン、被告=ライプニッツは欠席の状態で判決が出てしまった状態です。

また、この本を読んで意外思ったのがロシアです。数学者オイラーが活躍した時代、ドイツがまでプロイセンと呼ばれていた頃(正確には違いますけど)の話です。
1756年プロイセンは、オーストリア帝国、フランス、ロシア帝国の共同で攻め込まれました。いわゆる7年戦争です。ロシア軍によってベルリンが占領された時に、ロシア兵によってオイラーの踏みにじられましたが、そこがオイラー宅だとわかると、修復とオイラーに金貨4000枚送って謝罪をしています。
オイラーはプロイセンの前に、ロシアで数学の研究の他に、初等学校用の教科書、ロシアの地図作りと貢献していたため、そのような処置がなされたのでした。

また、数学者達の決闘が、自分が作った問題を相手に解かせるものだったり。
疫病を鎮めるための神のお告げが「神殿を2倍のサイズにしろ」でありました。
市民達は大喜びしました。こんなの簡単じゃないかと、早速2倍の神殿を作りましたが、いっこうに疫病が絶えません。
著名な賢者を招いて、原因を究明してもらうと。
「馬鹿者、各辺を2倍にしたら、体積は8倍になろうだろう。これでは、神の怒りを増やすばかりだ」

では、あなたならどうやって神殿を設計しますか? 使えるのは目盛りの付いてない定規とコンパスだけです。
という、遊びをやってましたとさ(笑)

21世紀の現代と比較すると当事(前時代)の世界観を受け入れられない気持ちになりますが、こういう時代が無かったら、確実に数学の進歩は遅れて、今の科学の世界も遅れたものになっていたでしょう。
人類の歴史はいろんな角度から伺いでき、学校で習う公式は過去の偉人の血と涙と意地と誇りで培われたものだと知れば、勉強に対して姿勢も変わるかもしれません。

少なくとも、「この公式って何に役に立つの?」という疑問は、その公式が生まれた背景を知ることで軽減できると思いますし、実はこの本は数学がちょっと苦手な子供達に興味を持ってもらいたいが為に書かれた本であります。


スポンサーサイト

Posted on 2015/09/23 Wed. 15:30 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

「超」入門 失敗の本質  



著者 鈴木博毅

超入門と書いて有るとおり、読みやすい本です。
読み応えのある本を期待するならば、大元の「失敗の本質」がお薦めです。

『失敗の本質』という既にあった旧日本帝国軍の組織のあり方を分析した本を再度ビジネスに使えるように著者が焼き直したものです。
日本への警笛の意識が強いためか日本のダメな点を強調してるきらいはあるものの、失敗の本質とその文化に関してキチンと分析はされています。

戦略のミスは戦術では取り返せない。そして戦略とはルールを変えてしまうことも含みます。
第二次世界大戦の初期は日本の圧倒的な戦果でアメリカに大きなダメージを与えます。
これは、今までの戦艦主体の戦い方とは全く別のルールである、航空機主体とした攻撃を採用したことが大きいです。
戦争半ばで戦局は変わりますが、アメリカでは次のことを行ってます。

1.戦果が上がらない司令官は、即更迭。
2.現場の声を無視しない。
3.固定概念に囚われない。
4.圧倒的な不利な状況ならは、ルールを変えてしまえ。

これができない組織は軍隊ならば戦争に負け、企業ならば倒産するという普遍の話になります。

1.戦果が上がらない司令官を更迭しないとどうなるのか?
ミスをしても罰せられない風潮を育てることになり、組織の腐敗につながります。粉飾決算を行ってる企業は総じて組織が腐敗してることがみてとれます。

2.現場の声を無視すればどうなるのか?
トップダウンの命令形態がダメだと言うことではなく、現場からのフィードバックを受け取れという話です。

3.固定概念に囚われない。これは過去の成功体験も含みます。
特に成功体験は、なぜ成功することができたのか、その本質を突き詰めることなく突き進む傾向が多いため、世界の状況や価値観が変わると、今度は何で失敗したのかも分からず破滅していくそうです。

4.圧倒的な不利な状況ならばルールを変えてしまえ。
これは説明するまでもないでしょう、ルール一つで強者と弱者の立場が入れ替わるのは、珍しくもありませんん。

これを現在の日本と外国を比較してみると面白い発見があります。
よく、日本の首相がコロコロ変わるからダメだという風潮がありますが、成果を上げられない首相や大統領などを更迭できないのはダメではないのか?
という疑問が出てきます。確かに国の運営は長期的視点で判断を行う必要がありますが、そこはロードマップと比較して判断すれば良いだけで、日本のこのシステムは世界に先駆けていると自負できるのではないでしょうか。

さて、日本はダメだダメだと言われて久しいですが、これこそルールを変える、所謂イノベーションやちゃぶ台をひっくり返えしてしまえ。
日本には技術力があるから、イノベーションを起こせる力がある。
日本の技術はガラパゴスだからダメ。
なら、ガラパゴスを世界標準にすれば良い。

では、ガラパゴスを世界標準にするのはどうすれば良いのか?

ここで技術力で、良いモノは自然と広まるという考え方から脱却しないと、行き先は失敗となるが本書の教えでもあります。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という諺がありますが、自分だけの成功体験や失敗体験だけでは本質を見逃すことがある。客観的に分析するには他者の経験と照らし合わせることが必要であり。客観的でなければ時代の流れに取り残されることは普遍であると感じます。

Posted on 2015/09/20 Sun. 10:47 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

世界経済が沈んでも日本は必ず繁栄する~日米主従同盟の終わり~  



著者 中島孝志

「タイトルに経済とあるが、政治を問題とした本である」

タイトルに経済とついてますが、かなり政治色が色濃い本です。
また、米英に対して恨みがあるのか? と、いうくらいに辛辣な書き方をしています。
まあ、恨みではなく単なる「事実」ではありますが、問題は他の国なら信頼に値すると勘違いしてしまわないか心配です。

まずは、日本の問題点をおさらい。それは、日本の政治の問題でもあるし、GHQ統治時代の置き土産が元凶であることをあげています。
まず、数ある政治の問題の中で取り上げたいのは消費税です。これこそ、子や孫に甚大な負担を強いているものであり、今現在無税である宗教団体に課税を施すべき、人々の幸福を祈る宗教団体にふさわしいではないかと提案してますが、全くもって同感です。
GHQの置き土産としては、英国流に撤退時には紛争の火種を置いくものを米国も踏襲していることです。領土問題でいえば、北方領土、竹島が他国に占領されている状態。そしてこれからは、尖閣、沖縄、対馬が入ってくるかもしれません。
さて、国益とは一体何か? 米国の上院と下院で議論があったことを日下公人氏から教えてもらっています。重要な国益の順番が5つのレベルで表します。

レベル1:たとえ1国で戦争をおこなっても守るもの。
レベル2:同盟国と一緒になって守るもの。
レベル3:なるべく戦争以外の手段で解決するもの。
レベル4:国連等の国際機関による国際的合意をつくって守るもの。
レベル5:恫喝や嫌がらせ、交渉、抱き込み、友好親善などの手法を使って守るもの。

すでに、日本ではレベル1とレベル2はないも同然。そう、日本には武力行使に訴えても守るべき国益は存在しないということである。

P49より
「日本は絶対に戦争しない国です」この発言は、どう控えめに考えても平和を愛好しているとは思えない周辺国の政治家たちは、どう解釈するだろうか?
「絶対に戦争に訴えないと大臣が保証しているのだから、領土を少しくらい奪っても攻めてこない。真剣に起こって武力を行使しそうになったら、少しだけ返せばいいと考える」
まさに、現実にその通りになっています。

この状況に米国が貶めたのは、米国の国益に敵うため。
日本が窮地に陥れば、米国は絶対に日本を助けないと著者は考えていますが、ここは著者とは考えが違います。
世界的にみて、日本ほど米国に貢献してる国はないわけで、そんな国を土壇場で裏切る真似をしたら他国は国防において米国外しで動くことは必然。それこそ、米国のいう潰す勢力が生まれない保証は何処にもありません。この辺、著者に突っ込んで聞きたいところです。


Posted on 2015/09/06 Sun. 11:10 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top