山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

Smart thinking 記憶の質を高め必要な時に取り出す方法  



著者 アート・マークマン

≪こんな本です≫ 
スマート・シンキングは単なる知能のことではない。「記憶の質を高め必要な時に取り出す方法」とあるように、現在の知識を活用して新しい問題を解決する能力のことである。
例として、サイクロン式としてダイソンの掃除機がありますが、開発者のジェームス・ダイソンは自分の持っていた掃除機に不満を持っていたことから、サイクロン式を開発しました。ただ、サイクロン式の吸引器は存在しておりジェームス・ダイソンはは存在をしっていた。彼はスマート・シンキングを使って家庭用サイクロン式掃除機を世界に生みだしたのだ。

人は、実はできる限りものを考えずにすむよう作られている。そう、習慣化である。正しい思考をするためには、正しい習慣を持つことが非常に大切になってくる。
すでに悪い習慣を持っている場合は、それを無くすことはできない。無くそう無くそうと思っても確実に失敗する。では、どうするのか? 良い習慣で上塗りするしかない。
なぜ、正しい習慣に固執するのか、それは、習慣による行動の繰り返しが知識となり、この知識がスマート・』シンキングの礎となるからである。

知識と記憶は切っても切れない間柄。記憶には限界があることを知っておく必要がある。俗に言われているワーキングメモリーや記憶は紐付けで関連した方が覚えやすいなど。また、世界から自分が吸収できるものは、自分が考えている以上に少ないことも知っておくことが必要、なぜなら、自分の「知ってること」というフィルターを通して世界を見ているからである。

スマート・シンキングを実際に活用するまえに、因果関係の質を高める必要がある。実は私たちが思っているほど、因果関係の質は高くない。これは、人に説明をすることで確認することができる。
著者は、便器の構造についての説明で水が流れるまでの説明はできたが、また便器に水が貯まる仕組みについては説明ができなかった。
これは、「説明の深さの錯覚」という現象である。因果関係の知識は異なる知識の積み重ねでなりたっており、全体像においての説明では一部の知識の欠損があっても、概要は説明ができてしまう。概要やさわりの説明が出来ても、それは本質や因果関係を理解できたことにはならない。
この知識の欠落は、教えるということで対処できる。これは、人に対しても自分に対しても効果がある。
自分に対して教えることを、学習として習慣化することがスマート・シンキングが効果的に使える秘訣となる。

現在の問題点と過去に怒った問題点の類似性とその比較。これはすなわち、自分の持っている知識の応用である。
著書では、アルキメデスが国王より純金で作らせた王冠が、誤魔化されて不純物をが混じっていないか調べろと依頼された話をとりあげている。これは、アルキメデスの原理の話である。自分が風呂に入った時、風呂からお湯が溢れ出た現象と王冠の体積を量るための方法の類似点を見つけ出した。
過去の経験や知識はを類推(アナロジー)で表すと取り出しやすくなる。

スマート・シンキングの実践するための、思考法を常に向上させることが必要である。思考法を向上させるには、「質の高い知識」を取り入れること。それには、要約にまとめることが訓練となる。
また、満足できる答えをみつけるのには、自分自身を知ることが大切である。まずは、自分の「完結欲求」が高いか低いかを知ろう。
完結欲求が高い人は、選択肢を2,3検討してすぐに答えを決める。完結欲求が低い人はさまざまのものを比較検討して、行動を起こさずにぐずぐずと考え込む傾向となる。このどちらも、スマート・シンキングにおいて障害になる可能性がある。なぜなら、前者は新しい解決策を見つけられずに行動を起こす可能性があり、後者は解決する行動さえ起こすことができないからである。

≪感想≫
新しい思考や発想は、何もないところから生まれるのではなく、過去の経験や知識から生まれる。それを突き詰めていくのがスマート・シンキングの神髄だと感じた。

この過去の経験や知識は、自分自身のものでなく他人の経験や知識も範疇に入る。特に他人の経験や知識を質の高い自分の知識にするためには、さわりではなく深く本質を理解することが重要となる。
なぜなら、人間は世界というものをありのままに受け入れるということはせずに、自分の知識に照らし合わせて見るという習性があるため。
悲しいけど人間は、見たいものを見、見たくないものは見ないを無意識に行ってしまう。これは、思考においても逃れることができない習性である。だから、率先して知識の質を高めることができなければ、情報の洪水に流され翻弄されることは明白ではないだろうか。

インターネットやソーシャルネットワークは、玉石混淆な情報を取得することがメリットでありますが、公平性は簡単にブロックできるというデメリットが問題になってきていると感じている。特に最近は単なるデマではなく巧妙に相手を騙す手口の情報が流されていますが、質の高い知識をもって因果関係をチェックする能力が今後求められていくでしょうし、自分を守る上で必須の能力になるであろう。

また、本書では思考の土台となるのが知識であると伝えている。これは、コンピューターがチェスの王者をやぶる過程で人間のプレイヤーを分析して分かったことである。思考とは才能ではなく技能である。技能であるから、修練すれば誰でも上達することは明白である。

逆に日々思考を鍛えてる人間と鍛えていない人間の差はますます広がるばかりであるという現実。
才能が無いと喚いている人ほど、思考を鍛えることが大事である現実。

「才能がない」を言い訳にして、何もしないことは『罪』である。

ぐらいの気概はもつべきである。

スポンサーサイト

Posted on 2015/03/29 Sun. 13:47 [edit]

category: 自己啓発

tb: 0   cm: 0

戦略は「1杯のコーヒーから学べ!  



著者 永井 孝尚

第3のコーヒーと噂に名高いアメリカの「ブルーボトルコーヒー」が、海外1号店が清澄白河に出店されたことで、普段聴いているラジオ番組に著者の永井氏がゲストで出演されて、話が面白かったことから本書を購入。
電子書籍で購入したので、本がドラマ構成になっていたのでビックリしました。

さて、本の内容としては「日本における珈琲文化の流れ」と「マーケティングの重要さ」が学べる内容となっています。

「顧客に何が提供できるのか?」この言葉からでは、顧客主体、又は顧客を出発点として考えがちになりますが、「自分(自社)の強み」を真っ先に考えろ。がこの本で一番訴えている部分です。

特に自社の強みに関しては、
 テレビが売れなくなって、経営がおかしくなったシャープ
 主力製品の写真用のフィルムが売れなくなって、躍進している富士フイルム
これほど、よく分かる例もない。というくらいよく説明されています。

主人公は珈琲やマネージメントのことがわからず、転職して珈琲会社に転職するところから始まります。
同業者からの執拗な価格競争を挑まれ、巨大資本からの攻撃等々のピンチに、日本における珈琲文化に貢献した企業を持ってくる本の構成は最高です。

企業の本来の目的は、社会貢献である。社会貢献を行い続ける為には、利益を出さなければならない。利益を出す段階で搾取される層は作ってはいけない。そのためにはどうするか?
消費者だって、お金を使うのに気持ちよく使いたい。そのためにはどうするのか?

一つのモデルケースとしての答えがこの本の中にあります。

Posted on 2015/03/28 Sat. 14:45 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

人を動かす! 安西先生の言葉  




著者 遠越段

安西先生とは、1990年頃に少年ジャンプで連載されていた、井上雄彦氏のスラムダンクというバスケット漫画の監督である。

スラムダンクの話は、高校生になった主人公が好きになった女の子にアピールするために、その子の兄がキャプテンを勤めるバスケットボールのチームに入部するところから始まる。
少年ジャンプで連載してた割には、スーパーマン的身体能力や超能力が一切出てきません。ピンチにおいても熱血根性や未知の力に目覚めて解決することもありません。そこが圧倒的に指示された理由であると思う。
主人公は自称天才ではあるが、練習好き。
そんな彼がチームメイトに揉まれ、試合に勝ち自信を持ち、試合に負け涙し、女の子に良いところ見せるために始めたバスケットが己のための真のバスケットマンに成長を描いた作品である。

さて、このスラムダンクはど素人の主人公が真のスポーツマンに成長する物語であるが、本書では指導者である安西先生にスポットをあて、解説している本である。

人を育てるには、

相手をよく見る。
正しい目標を与える。
強みを生かし長所を伸ばす。
油断は指導者として最大の戒めである。
「練習は裏切らない」「努力は報われる」の大原則を覚えさせる。
正しく成長させる
責める姿勢の重要性
強い相手には、ここでは絶対勝てるポイントで勝負することを教える。

マンガだとあなどるなかれ、ドラッカーの教えと被るところが多いのだから。

Posted on 2015/03/18 Wed. 22:17 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

あなたの財布に奇跡が起こるお金の習慣  



著者 加谷珪二

心に残った言葉『仕事が効率的か効率的でないかは、そのときの状況で異なる。効率的と思えることでも合理的でないかもしれないのだ』


≪こんな本です≫

どんな時代でも、どんな環境でもお金が儲かる思考方法
1つ お金に対する偏見を捨てろ
1つ 人生にムダとなるものを見極めろ
1つ 人間関係の構築で人生が決まってしまう
1つ 金持ちの思考法とは、どうすれば学べるのか
1つ 住まいの選び方とモノの選び方
1つ 恋愛と結婚(パートナー選びも大事)
1つ 正しいお金の使い方

世の中は、お金儲けの天才が実際にいて、驚くべき手法であっという間に金を稼いでしまうが、大半の人間はそんなものはマネなどできない。
凡人が金持ちになるためには、合理的に振る舞うのが一番の早道である。

≪感想≫

また、お金の話かよ。と、思ったあなた、逃げないでー
そういう貴方は、お金の偏見にまみれてる可能性があります。ちょっと前の自分のように。

金儲けが悪いことと少しでも悪いと思っていたのなら、金儲けはあくどい手法で商売をした結果というイメージをすり込まれている可能性が高いです。
基本的に、市場原理として「人のため」に行動を起こしている人に金は集まってくるようになっています。
さあ、今日から僕と一緒に善行して、お金持ちになりましょう。

前にこのブログでも紹介した「時間をお金で買う技術」でも紹介しましたが、この本でも時間の感覚を非常に大切にしています。
例えば、休日の過ごし方に時給に換算すると、いくらムダな出費をしていたか自覚できる。
また、お金と時間を換算すると、人は平等に1日24時間与えられていますが、お金で時間を買うことによって時間さえ平等ではなくなるという事実がそこにある。

「労働者的な発想」に縛られては年収は上がらない。いわゆる、過程が楽か苦かは、仕事の本質には関係ない。大事なのは「顧客が満足し十分な大家を払ってくれたかどうかであり、自分の苦労はどうでもよいテーマ」であると。この辺は、ドラッガーのマネジメントにも通じるものがあります。

さて、心に残った言葉にもあげた、効率の話です。
別の本でも出てきた話ですが、ちょっと景気や業績が悪くなるとコスト削減や効率化の話がでてきますが、これは素人が一番陥りやすい安易な解決法という話しです。
効率化が一番発揮するのが、需要があるとき。逆接では、小さいニーズに対応する場合は効率化ではなく合理化であるかが重要。
この辺は、前述の「時間をお金で買う技術」より深く掘り下げています。

お金持ちが人間の「上下関係」を気にしない理由として、
 相手がどんなメリットをもたらしてくれるか?
 他人は「どのような行動をする人なのか」だけを見る。
なのだそうだ。
これだけ見るとえらくドライな話ではあるが、そこには、自分の好き嫌いによる判断はない。
グローバル化と聞くと英語ができるできないという言語の話になりがちですが、本質はそこにはない。
グローバル化とは人種や宗教、性別、価値観などバラバラな人が集まるとき、この時に生じる亀裂を乗り越えて価値を生みだすことである。と、著者は言い切っています。

まさに、今の世界の混沌とした原因は、各個人の好き嫌いによる判断にあると過言ではない状況にあるといっても間違いはないでしょう。

最後に、依存に関しての話でしめます。
ここは、お金持ちではなく、成功者として心得として「決して相手に対して怒らないことである」。
これは、感情を爆発させるのではなく、怒ることが必要であるか判断してから怒るということ。

感情をコントロールする秘訣は、相手に対して期待をしないこと。

怒りの感情とは、相手に対しての期待の裏返しであると言い切っています。相手が自分の期待通りに動いてくれないと不満がふくれる。その不満が爆発すると怒りの感情になるのだと。
そして、期待が行きすぎると相手に対して依存をするようになる。

さて、この怒りの感情は相手が不誠実な場合にも発揮します。基本不誠実な相手は、こちらが怒っても態度は改善しない。ならば、感情にまかせて怒ることは無意味であるとしています。
不誠実な人間なら、その人間関係は清算しなければならない。例え相手が友達だとしても。
こうした、行動を続けていくと最終的には、あらゆる結果は自分の責任だと考えるようになり、リスクをコントロールしようという思考法が身につくのだそうだ。

いや、本当にドライな考え方です。人間関係は単なる仲良しこよしではない。お互い切磋琢磨する間柄とし、相手の良い点を引き出すことを考えればよいだけのだから。
自分によっての善人が、社会にとっての善人であるかは別問題。そして、人が人であるためには、自分を犠牲にしないことを前提とした社会貢献。

自分の財布にお金がいっぱい入ることを目指していたら、世界が素晴らしくなるとしたら確かに奇跡は起こったといっても良いかもしれない。

Posted on 2015/03/14 Sat. 21:54 [edit]

category: 自己啓発

tb: 0   cm: 0

アファメーション 人生を変える!伝説のコーチの言葉と5つの法則  



著者 ルー・タイス  訳 田口来和  監修 苫米地 英人

思考の現実化とは、”望む”ことがではなく”考える”ことが現実となる。

アファメーションとは自分への誓約です。約束事と言っても良いのですが、言葉選びからルールを知らないと効果がないどころから逆効果になります。
というわで、段階ごとに解説を行っています。

ステップ1では、言葉の法則。「したい」と「しなければ」の違い。例えば「勉強をしたい」と「勉強をしなければ」は、同じ勉強という行動であっても、自分への語りかけという意味では「建設的な行動」と「義務的な(本当はやりたくない)行動」となります。
言葉は思考の結果や考え方の基本であるため、「言葉を選ぶ」ことは非常に大事になります。

ステップ2では、アファメーションの法則。「信念とは思考の蓄積である」という言葉あるとおり、日々の思考が積み重なって自己イメージを構築していきます。特に心理的盲点といわれる、自分にとって都合の良い真理以外受け付けない場合、自分を本来高めてくれるであろう選択肢を排除することが行われる。
昔の人は良い言葉を残しました「友達は選べ」と。最近はSNSによる人間関係で「自分の考えと異質な存在」は簡単に排除できるため、このことはよく知っておくべきであります。
これの行き着く先がイスラームもどきが行っている、偶像破壊であります。

ステップ3では、脳へのプログラミング。目的思考で生きていくこと。目的の明確化と目的を達成するための方法を具体的にイメージする。具体的なイメージを最初に作っておかないと迷走の原因となる。

ステップ4では、アファメーションのプロセス化。潜在意識は現在の支配的自己イメージを維持しようとすることより、その自己イメージを変えたい場合は行動を起こして対応するしかない。有言実行は非常に大切であるが、努力しても「行動」ができないのであれば、「選んだ言葉」が適切でない可能性も考える必要がある。

とくに、潜在意識は自分が信じていることを「正しい」と証明することに力を注ぐことを覚えておかないといけない。

ステップ5では、制限的空間と建設的空間の話をしています。


Posted on 2015/03/05 Thu. 06:10 [edit]

category: 自己啓発

tb: 0   cm: 0

モテ顔になる速効ストレッチ  




鈴木清隆 著

やたら難解な本を読んでるとお手軽な本を読んでみたくなりますよね。
電子書籍で非常に安かったので購入してみましたが、びっくりするほど効果がありました。

単なるマッサージの本ではありません。
マッサージで一時的に結構をよくしたり、リンパの流れをよくしても時間が経てばもどってしまうのは、土台である骨が歪んでいるから。

体が歪みがあれば、血行やリンパの流れが悪くなり、顔がむくむ。
体に歪みがあれば、腰や肩や膝に無理がかかるので、腰痛や肩こりの原因となる。

美容の本の皮を被った、完全無敵な健康を手に入れようという主旨の本でした。

骨からアプローチをして、体の歪みを直して体を左右対称にする。
肩のストレッチ1→胸のストレッチ→肩のストレッチ2→背中のストレッチ→首のストレッチ→肩のリラックス

これだけで、上半身の歪みがとれます。
上半身の歪みをとってから、顔のマッサージを行います。

なお、骨盤関連の歪みを直すストレッチも紹介されてます。

朝と晩の一日2回。それも、だいたい10分程度のお手軽でできるのがよいです。
体の歪みは、本当にちょっと試すだけで効果がありました。

また、体の歪みは日頃の生活で気をつけた方が良い点やこんなクセが体に歪みを作る話。
食事に関する関すること。
ストレッチよりも、こちらの方にページが多くさかれていたりします。

こんなことをしてたら、要注意のチェックシートに「夢や目的がない」の項目が入ってましたが。
うん、確かに夢と目的は大切ですね。



Posted on 2015/03/03 Tue. 22:04 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

ありがとう、先生!  

先生、ありがとう!

「誰もが昔は生徒でした。教室で、グランドで、先生がくれた言葉に、いま、ありがとう!」

TOKYO FMの「中西哲生のクロノス」の合間にジブラルタ生命のCM兼番組として、
先生から勇気づけられた言葉をリスナーから募集したものを書籍化したものです。

生きた言葉として、そして、生徒のために発した言葉ですので、簡潔且つ深いです。

章立ては、
「勇気」がわくコトバ
「元気」が出るコトバ
「根気」が強くなるコトバ
「本気」になれるコトバ
「平気」になれるコトバ
「気付き」をくれるコトバ
となっています。

「何もしない人は、失敗もしません。」
 お茶を入れようとして、急須を割ってしまった子供への言葉。

「あなたは、あなたの人生の脚本家です。」
 進路に悩んでいた生徒への先生の言葉。

「知識は荷物になりません」
 こんなこと、覚える必要あるんですか? と、質問した先生の答え。

「自分の短所を書き出せ、言い換えたらすべて長所になる」
 目から鱗が落ちました。

「時間は有限ですが、使い方は無限です」
 まさに、その通り。

一部を書き出してみました。どうです、すごいでしょう。力をくれるでしょう。
ハッキリ言いまして、この本は下手な自己啓発の本より役に立ちます。
だって、本当に「勇気」をくれた、「元気」をくれた、「根気」をくれた、「本気」をくれた言葉たちですから。





Posted on 2015/03/02 Mon. 22:27 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

「声」の秘密 声が人間関係を支配する  



著者 アン・カープ 訳 梶山あゆみ

≪こんな本です≫
刺激的なタイトルの本ですが、これはハウツーものではございません。こんな声を手に入れれば、憧れのあの子と仲良くなれるなど、邪な考えでこの本を手に取ると後悔するでしょう。
声をいろいろな角度から分析を行うにあたって「人格」「個体識別」「文化」「記号」等々のいろいろな顔を覗かせます。
そのいろいろな顔を持つ声を章ごとにピックアップして解明しているのが本書です。

≪感想≫
音声発生器官は?と、問われると喉と舌と口ぐらいしか思いつきませんが、実は胴体の3/4を使用しており、多くの器官が連動する仕組みをもっているがゆえに、複雑な言語を声で操ることができのだそうです。

文化ではかなり掘り下げてました、まず、ドゴン族が出てきます。呪術の話で、彼らは声を効果的に使用します。呪術と聞くと「未開」のイメージがあると思いますが、「声」に限っては我々の方が遙かに未開であると斬って捨ててます。
また、求められている「声」も時代ととともに変わってきており、アナウンサーでは女性の声の高さはより低く、男性はより高くを求めれているそうです。そして、声の重要性は政治家でも同じであったと分析します。
とくに、イギリスの元首相のサッチャーさんは、自分の声の性質でイメージを損なっていたそうです。
このあたりは、鉄の女などのニュースでしか知ることのない彼女の知らない一面がみれて、読んでていて楽しかったですね。

さて、この本でも日本が出てきます。つい最近まで日本人が読むのだから、そういう加筆訂正でも行ってるのだろうな、と漠然に思ってましたが、なんで日本が出てくるのかが説明されてました。
・先進国という身近な枠組み
・異文化としての代表
なんだそうです。

ピノキオが嘘をつくと鼻が長くなるという目印があるように、人間の目印となる点
・声の高低
・声の震え、かすれ
・リズム、調子

最後にこの本で知った、雑談でもどう切り出していいか分からない知識を披露しましょう。

赤ちゃんの産声の周波数と楽器のチューナーの世界基準の周波数が同一なんだそうだ。
電話の父というわれるグラハム・ベルの父親が大学教授で「視話法」を開発して聾唖学校を設立した。

Posted on 2015/03/01 Sun. 10:33 [edit]

category: 一般・教養

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top