山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠  



著者 ジリアン・テット
訳者 土方奈美

サイロ・エフェクトを簡単に説明すると、組織の細分化つまり専門性を深めていくと、組織間の情報は伝わることがなくなる現象を指し示します。
こんなこと、昔から言われていたことですがIT技術が進んだ今現在でも解消はされていません。
これは、ある意味文明が進化(専門性が高くなる)していくうえでの宿命みたいなものあることから、著者のジュリアン・テッドはサイロの存在自体は否定はしていません。

この本は、主に3つに分けることができます。
一つ目は、サイロ・エフェクトを解決した事例。
二つ目は、サイロ・エフェクトで失敗した事例。
三つ目は、サイロ・エフェクトを防ぐことを実施している事例。

一つ目、サイロ・エフェクトを解決した事例としては、違法建築物の発見に300もの細かな専門に別れた部署のデーターベースを繋げられ、殺人予報図へと発展していく話が語られていきます。

二つ目は、我らがソニーの話です。アップルのiPodが音楽プレイヤーとして覇権をとったことは誰もが知ってる話ではありますが、これはある意味ソニーが自滅していった話。なぜ、異なる部署で互換性のない音楽プレイヤーが発表されてしまったのか?

三つ目は、フェイスブックとクリープランド・クリニックという病院の話。とくに、クリープランド・クリニックは外科と内科を廃止した話が語られています。

実はサブプライムローンの話で、返金額の優遇措置をとったら、取り立て部署がその情報を知らなく返済金が滞ったと判断して財産を没収したという衝撃的な話も載っています。経済学でサブプライムローンの話があっても、この手の話は振れられていなかったので、衝撃を受けました。

なぜ、専門性が高まると失敗するのか? それは、専門的なミクロでは正解であっても、マクロになると必ずしも正解であるとは限らないからです。

最後に、著者の引用をあげます。

「本書の重要なメッセージを一つ挙げるとすれば、われわれの世界は効率化を追及しすぎるとかえってうまく機能しなくなる」

細分化してスペシャリスト的パターン的行動するとき、人はリスクやチャンスを見逃すことを忘れてはいけないと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/16 Sun. 17:19 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 1

ウソはバレる ~「定説」が通用しない時代の新しいマーケティング~  


著者
イタマール・サイモンソン
エマニュエル・ローゼン
訳者
千葉敏生

 ウソはバレる。 心理学の本かと思って購入してみたら、マーケティングの本でした※1(笑)
とはいえ、人間が商品を購入するときの価値判断についての本でしたので、無駄にはなりませんでした。むしろ、マーケティング理論等のお堅い話は別の本を読んでくれってスタンスに好感を持ちました。
 そういうわけで、人間心理をメインとしたマーケティング戦略の話となりますので、具体的なツールやシステマティックな話は出てきません。その手の話を期待してる人は手に取らない方が良いです。著者もそう言い切ってます。

 過去と現在で消費者の価値観が「相対価値」から「絶対価値」に変わり、マーケティングでの常識の一つである妥協効果の機能が著しく薄れてしまいました。
 妥協効果というのは、製品Aが 3000円、製品Bが6000円で消費者がどちらを購入しようか迷っていた場合、9000円の製品Cが掲示されたら、消費者は迷わず製品Bを購入するというものです。これは、名前の通りに製品Cを購入することを妥協して、製品B選ぶ傾向が高くなる人間の行動原理そのものです。よって、マーケティングでは模範的な事例として扱われていました。しかし、この妥協効果が現代では効果を現さなくなってきました。それは、インターネットの普及により消費者が簡単に「商品の評価」を手に入れることが出来たからです。何かと比べて良いかどうかではなく、その商品を購入すべきかどうか「絶対値」で判断を下すように変化したのです。

 また、インターネットにより様々な情報を簡単に入手できるようになったことは、ブランドの価値にも変化をもたらしました。「製品の評価」で購入の価値判断となったため、ブランドという昔からの信頼よりも、今まで聞いたことがない会社選ばれ、その会社の製品が躊躇なく購入されるようになったことです。

 さて、ここまでインターネットの評価が商品の売り上げに影響を与えるとなると、不正なレビューによって消費者をコントロールすることが出来るのではないのか? 誰しもが考えることでしょう。本著ではそれは不可能だと結論づけています。 なぜなら、消費者は正しい評価を絶えず探しているため信頼度の低いレビューは切り捨てます。また、レビューを載せているサイトも閲覧数を獲得するため不正なレビューを排除する方向に向かうからです。

 インターネットの評価において、一つ面白い話があります。それは、「良い評価」が必ずしも全ての消費者にとって購入する動機にはならないということです。消費者の気に入らない機能が「他人によって高評価」が付けられている製品は、軒並みその消費者は低い評価を付ける傾向があることが発見されました。残念ながら本著では、深く考察されていませんでしたが、「嫉み」、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」といった感情なのでしょうか。
 なんにせよ、商品のレビューやアピールする場合は今まで以上にターゲットを考慮しないと効果がないどころか、逆効果となり得ると言うことです。皆様、気をつけましょう。

※1表紙にはちゃんと「マーケティング」の文字はありますが、この本はデジタル書籍で購入したもので、本のデータをダウンロードして気付きました。

Posted on 2016/09/22 Thu. 13:15 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

イシューからはじめよ ~知的生産のシンプルな本質~  



著者 安宅和人

 この本も、思考法に関するものです。仕事における問題の取得選択に焦点を当てています。そう、取得選択が鍵なのです。

 あなたは、本当に重大で価値ある問題に取り組んでいますか?
 ガムシャラに働くことに逃げていませんか?

 これが、一つの問いかけになっています。価値を見いだすのは問題でなく解答であるべき。価値のある解答とは? 解答に価値を見いだすのはわかりました、では、どの問題を選べば価値のある解答が得られるのか? その答えが、「イシューからはじめよ」なのです。

 自分の価値観から「大問題」だと思っても、解決してみたら「どうでも良い」問題だったなんて珍しい話ではありません。こういう問題は手を付けないのが正解。これは、誰でも思いつく事だと思います。
 次に「大問題」だと思い、解決に乗り出したが答えさえ見つけられずに失敗してしまった。これも、珍しい話ではないでしょう。では、何故失敗してしまったのか? 問題を解決するために手段やツールを知らなかったかでしょうか。なるほど、巷には「ロジックツリー」、「MECE」、「フレームワーク」等々のロジカルに問題を料理すれば解決するような話が主流です。

「悩む」と「考える」は別のこと。悩むとは、「この問題をどこから手を付けてよいのか分からない状態」と言って良いでしょう。これは、問題を解決しようとする人の能力が低いから? 努力が少ないから? 違います。

「フェルミは数学にも長けていた。必要とあれば複雑な数学を串することもできたが、まずはその必要があるかどか確かめようとした。最小の努力と数学的道具で結果へたどり着く達人だった」 ハンス・ベーテ ノーベル物理学賞受賞者

 上記のように、ちょくちょく偉人の言葉を借りる手法をとって説得力を高めています。ハンス・ベーテはこう言ってるのです。「いきなり手を付けるようなことをせずに、その問題を解決する必要性があるか見極めよ」と。
 著者は言い切っています。
「世の中には、解決策がない問題がごまんとある」と。
 解決策の見つからない問題に手を付けず、価値のある問題や仕事をいかに見つけ出すか。 それが、「イシューからはじめよ」なのです。

 イシューを始めるには、「仮説をたてる」ことが基本となります。仮説を立てることでどのレベルの解答が必要かが明確にすることができます。
そして、「仮説」は必ず「言葉」にすること。なぜなら、言葉を使わずに明晰な思考を行うことはできないからです。
特に著者は、ここは「言葉にすることを徹底しろ」と力説しています。なぜなら、日本人はこれが得意でなないからです。理由は、日本人の言語・文化の持つ思考上の特性が言葉を明確に表現しないところにあるからです。主語や述語を省いて読者をミスリードするミステリー小説では重宝する特性ではありますが、仕事上での指示のミスリードは害悪に他なりませんから。

 仮説をたてたら、その仮説の常識を疑ってみる。常識は単なる思いこみで、「現実」とはかけ離れたものである可能性が高い。特に仮説の前提条件は「当たり前だと思いこみ、誰も検証すらしてなかった」可能性は高いです。
もう一つ仮説を考える上で、「新しい構造」で説明できないか考えることも重要となります。これは、我々脳神経の特性が絡んできます。人が「理解する」というのは、脳神経の「2つ以上の異なる既知の情報がつながった状態」指しているからです。簡単に言い表すと「問題解決に、関係ないと思っていた体験や知識が実は使える」という事実を発見できる可能性が出てくるからです。

 仮説をたてたら、今度はその仮説が正しいことを証明するための材料を入手しなければなりません。材料はできるだけ1次情報をそれもざっくりと揃えることが大切な要素になります。加工された二次情報を調べることは一見効率的にみえても、色眼鏡をつけて見た情報をベースにものを考えることは命取りになる可能性が高いからです。

 さて、情報もある程度集まったら思考タイムに移ります。なぜなら、知りすぎると新しい知恵が出てこなくなるからです。ビジネスにおいて、コンサルティング会社が存在してるもの同様の理由です。

 思考タイム、いわゆる情報を分析していくわけですが、ここでもポイントがあります。いわゆる、分析とは何か? 数字化することでも分類して調べることでも、もちろんグラフにすることでもありません。ただ、比較することが分析の本質です。比較が分析の本質なのは、実は脳神経の仕組みによるものが大きいのです。
 ①脳神経は信号を受け取ってもある程度大きい信号(閾値を超えた信号)しか受け取らない。
 ②脳神経は不連続な差しか認知できない。

①網膜が光を感じ、鼓膜が音を捉え、肌にモノが触れ、その信号が脳に届いても、強い信号以外は脳は受け付けないということです。
②写真の中の絨毯の色が、徐々に色が変わっていっても気が付かない現象です。

 脳は異質な差分を強調して情報処理するように進化してきた為、脳に認知させるもっとも効果的なのが、比較を用いた分析だった。という話になります。

 イシューは、仮説をたて情報を集め分析しアウトプットとして成果を出すわけですが、間違っても「答えありき」になってはダメです。分析した結果が仮説を裏付けるものでなければ、仮説は間違っていると判断し軌道修正を行います。仮説のどの部分が間違っていたか、なんの要素が抜け落ちていたか検証を二重三重に重ねることが重要となってきます。

後半はアウトプットに関する話になりますが、ストーリーの構築など目新しいところはありません。やはり、イシューの肝は「どう問題を選び取るか」だと思います。

Posted on 2016/09/11 Sun. 10:00 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

千円札は拾うな。  



著者 安田佳生

本の内容は、好き嫌いは別にして「ああ、こういう考え方があるのか」と納得させられるところはありました。
ただ、著者自身がそれをどこまで実践できていたのか? と、いう疑問が涌いたのも事実です。
本書は2012年発行されたものですから、経営書としては古い本に分類されます。
また、著者は当時はワイキューブという会社の社長であり、新進気鋭の実業家としてもてはやされていたそうですが、このワイキューブなる会社は40億の負債を被り民事再生の申請をしています。

ここまでくると、えー! そんな人の本を読む価値あるのか? と、思う方もいるでしょうが、得てして教訓とは成功例よりも失敗例に学ぶことが多いものです。

なんて格好つけていますが、電子書籍で安かったからポチッとダウンロードし、読んだ後に2012年発行されたものだと気がついて、著者とその会社が現在どうなってるのか検索してみたら、民事再生を申請していたという情報を入手したという次第です。

ここまで、後手後手な対応を行ったのも久しく記憶にないのですが、著者は図太く会社を潰した経験をもとに本を出しているみたいですね、こちらは未読ではありますが。

会社を潰した要因は色々あるみたいですが、自分が気になったのは主に2つです。
 ・新宿2丁目に 家賃1200万の事務所の移転
 ・リクルートを模しての経営戦略
安心してくだい、本著の根幹に関わる考え方と全く真逆のことをやって失敗しています。従って、この本を読むのは全く無駄ではありません。なぜ、著者 安田氏は失敗したのか? これの考察は別の機会にまわしましょう。

さて、本のタイトルの「千円札は拾うな」は、心構えの話です。道ばたに落ちている千円を拾って「得したな」と思うと、次も落ちている千円札を探すようなる。そうなれば、視線は落ちて視野が狭くなり、また千円札に固執すると千円以上の価値のものがあっても気がつくことができない、そんな心理状態にならないようにする戒めです。

棚からぼた餅で良いことがあったら、ついつい人はそれを追い求めてしまうのが本質ではありますが、棚からぼた餅を追い求めてるあまり、それ以上の価値あるものや出会いの発見に気付かない危険性に目を向けるべきです。

これは、経営に関しても同じであり、過去の成功体験の成功した原因の大部分は己でコントロールできないものなんです。

経営戦略が成功した要因の大部分が「経済状況」「流行」「消費者意識」等々だったりします。

経済状態はもとより、「流行」や「消費者意識」も雑誌・テレビの影響力が落ちて、SNSを媒体とした口コミの影響が大きくなったことは無視できなくなりました。

大量生産・大量消費が経済発展の根幹だった時代から、少量・多品種生産へ。安定からスピード最優先への時代に移ったことも忘れてはいけないでしょう。ダイソンやiRobotの牙城を日本企業が崩せないのも、豊富な資金力を使って、同じコンセプトの製品を大量生産してぶつける戦略が機能しなくなった影響もあると思います。

過去の成功例さえ、指標にするには心許ない。では、どうすればいいのか?

過去を振り返るのではなく、未来に目を向けることです。未来に目を向けるということは、成長するということ。
成長が止まった男性の一つの指標がおしゃれだそうです。1つ髪型が変わらなくなった。1つ若い頃使っていたオーデコロンを歳をとっても変えないでいる。そういう傾向があれば、それは成長が止まった証なのだそうです。

なぜならば、全盛期だった自分を変えたくないという心理が働いているからだそうです。

俳優でいえば、田村正和氏や加山雄三氏は今もって若々しくて驚異的ではありますが、若い頃の全盛期をそのまま引きずっているともいえます。なんの役をやっても、田村正和であり加山雄三という不動のイメージがあるのはすごいことではありますが、見本にしたらいけない人たちです。(どう頑張っても、その努力は無駄になるという意味で)

では、見本にするべき人とは、これは私の勝手に決めつけていますが、故石原裕次郎氏と武田鉄矢氏をあげたいと思います。
前述の二人は、歳をとらないことを武器としていますが、この二人は歳を取ったことを武器としています。自分の年齢にあった魅力を引き出すことは、是非とも見習いたいですね。

ここで、著者は自身の体験を元に一つアドバイスをくれています。「自分のことは自分が一番知っている」という考えを捨て、センスがある人のコーディネイトに全て任せてしまうことです。

自分の好みと正反対になる場合もあって、それはとてつもない「苦行」になるそうですが、1年も続けると体がそのセンスになれ、客観的に過去の自分はなんてダサい格好をしていたのか! と、ショックを受けるそうです。

最後に、著者はよく質問を受けるそうです。

リスクを背負うのは怖くはないのか? と。
著者はこう答えているそうです。起業することは確かにリスクを背負うことではある。しかし、起業しなければリスクは背負わないという考え方は間違っていると。
なぜならば、生きていく上で選択する場面は必ずあり、そこにはリスクが潜んでいるのだからと。

最後に著者は人情的ではありますが、ちょっと優しさに欠けるところがあるよう感じました。

Posted on 2016/06/12 Sun. 06:52 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

仕事が速い人が使っている 問題解決フレームワーク44  



著者 西村克己

「世界をどう切り取るか、どう見方を変えるか、それだけで見える世界が劇的に変わる。」

その世界を変える道具がフレームワークです。
この本、最初に読んだ時は初心者向けであるため購入して失敗したかと思いましたが、あれ、そうでもないかな?と、読み進めていくうちそう思うようになり、最後には自己流改善の指針に使えるなと感じました。

この本は、フレームワークの根幹部分を系統立てて紹介しています。そして実際のフレームワークの使い方は、架空の会社や人物を登場させて解決させていく手法をとっていますので分かりやすく説明しています。
4月から新社会人になられる方は、購入して損はしない本であると太鼓判を押しましょう。
企業に入ったら、研修や実習は行いますが実際には「ミッシー」や「SWOT分析」なんて教わりません。少なくとも自分は教わった覚えはなく、自分で勉強して初めて知った単語だったりします。ちょっとでも、知ってる単語や考え方の概念が頭にあるかないかで理解力が大幅に違いが出てきますし、思考するまえに必要な情報はそろっているか、何のために思考をするのかを知って思考するのとしないのとは雲泥の差になります。

非効率な仕事のやり方が身に付く前にも、新社会人には手にとってもらいたいです。

次にこの本の欠点です。それは、2011年に発刊されたため、時事ネタとは古く下手をするとこの本自体の信憑性が損ねかねないというところでしょうか。まあ、液晶TVやスマートフォンが全盛期の話ですから、ああそんなこともあったかなと懐かしい思いをする人が多いですかね。。
ここの下りは、『「再建・売却・撤退」は既存ビジネスの経営改革の基本』を絡めて読むと面白いです。液晶TVでブイブイいわしていたシャープやスマートフォンのサムスンをみると「事業の転換」は非常に大事なんだということを肌で感じます。

逆に、カメラ業界を牽引していたコニカとミノルタ(あえて、コニカミノルタとは言いません)がカメラをあっさり捨てたのは、大英断だったのでしょう。富士フイルムの化粧品分野への進出は最近スポットがあたっていますが、フィルムの脱却はフィルムの売り上げがまだ右肩上がりの時に初めていたそうですから、本当に脱帽です。(コニカミノルタと富士フイルムの話は本書には記述ありません)

最後に、フレームワークは仕事だけに応用するのは勿体ないです。
フレームワークは思考を補助するための道具です。いろいろな情報を集めて思考し判断を行うことに関しては仕事も日常も大差はありません。
問題解決トレーニングとして、ダイエットが問題としてとりあげられています。
カロリーの高いものを食べないようにしているのに、いっこうに体重が減らない問題です。
使用したフレームワークは「ペイオフマトリックス」。本当にカロリーの高い食品を食べないようにしているか。思い込みだけで食品を選択していないか。これを使って無駄な努力とおさらばしようという話です。

インターネットとスマートフォンの普及で様々な情報が簡単に引き出すだけでなく発信もできる世の中になったことで、情報過多という状況になりました。情報過多ゆえに本当に必要なものが見つからない、情報が抜けていたのに気づかない、声が多いから耳を傾けていたら実は有害な情報だった。そんなことも珍しくない時代になってしまいました。
いくら、機械が発達しても最終的に判断を下すのは私たち人間です。

世界を切り取る、つまり情報を如何に取得選択して思考を下すかが、より大切な時代になんだなと実感しました。

Posted on 2016/03/21 Mon. 11:32 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top