山下雄彦のこんな本読んだよ。

たくさん読んだ本を、お薦めしたり感想を書いていくブログです。一般教養からサイエンス、自己啓発、人体の不思議と雑食的に本を紹介していきます。

7日間勉強法 ~効率よく短期集中で覚えられる~  



著者 鈴木秀明

この本は、試験勉強のための方法論を説いてます。
試験というと受験や学生がやらされるテストを思い浮かべる人がいるかと思いますが、社会人になってもさまざまな資格を得るために試験を受ける必要があります。この本はあえて試験対策に的を絞った勉強法となっています。そして、著者である鈴木氏も、「この勉強法は、思考を高めるためのものではない」と明言しています。

短期で結果を出すためには「戦略」が必要である。
結果とは、試験に合格する条件を知る必要がある。
過去の問題集を収集分析して、出題されていない範囲は勉強しない。
過去問題は理解するより、暗記しよう。
隙間時間に勉強するのではなく、勉強時間を割り当てるよう生活を見直そう。

これらのことは、著者が受験勉強で東大に現役合格して、現在さまざまな資格を500以上とったことから、確立した勉強法ですから説得力があります。そして、ああ、確かにこの勉強法は試験対策に特化したもので思考を高めるものではないと理解できました。
だからといって、この勉強法は効率は高いのは確かですから、覚えたものを忘れない工夫をすれば良いのです。また、仕事に必要な資格を取るためにこの勉強法を取り入れたとしても、仕事においてこの知識を活用していくことで思考を高めるチャンスはいくらでもあります。
要は一つの勉強法に固執してしまうことこそ、危険ではないかと思うのです。

勉強は戦略であり、「なんの為の勉強か」によっては、一夜漬けといった即席の勉強もありですね。
スポンサーサイト

Posted on 2017/08/12 Sat. 18:37 [edit]

category: 自己啓発

tb: 0   cm: 0

蜜蜂と遠雷  



著者 恩田陸

全編通して清々しい気分で読み終えることができました。
日本で行われたピアノの国際コンクールの一次予選から始まり、二次・三次予選と本戦までの短い期間を扱っているので疾走感が凄まじかったです。

主人公は3人の天才と1人の非天才のお話です。
英才教育を受けながら、柔軟な思考をもった天才、マリオ。
神童と称えられていながら、母の死を切っ掛けにピアノの世界から姿を消した天才、アヤ。
生涯弟子を取らないで亡くなったと思われていた巨匠の最初にして最後の弟子である天才、ジン。
年齢制限のため、これが国際コンクール最後の舞台となる音楽家、アカシ。
(一応この作品の人物の名は漢字表記されてますが、よりによってこの「字」を選ぶかよ。的なシーンがありますので、ここではカタカナ表記にしてます。キラキラネームじゃないのでご安心を)

これらの4人が織りなすストーリーです。疾走感が凄いのはコンクールの準備期間である部分が省かれているから。正確にいうと主人公達のバックボーンを説明するのにアカシ以外はコンクールとは関係の無い話が使われています。
逆に言うとアカシ以外は、コンクールは一つの通過点であったり、恩人に乞われたからであり、欲しいものを買って貰うための手段だったりするため、コンクールを題材にした他の作品のようなドロドロしたものがありません。

アヤの付き人をかって出たカナデは、この三人の天才がライバル同士なのにあっけらかんと遊んでいる姿を見て、疎外感を受けるシーンや君たちが遊んでる相手は競争相手なんだよとヤキモキしてるシーンは共感できます。

もう一人の非天才であるアカシは天才達と審査員の力量に舌を巻きますが、この天才達と同じ場に立てたことを素直に感謝するようになっていきます。その辺りの心の動きも本作品の魅力になっています。

少し物足りなさを感じたとすれば、本当に人間のドロドロした部分が無い点。主人公サイドはともかく、冒頭で審査員も派閥があるところや、審査員長の商業的な臭わせていたので、純粋な主人公と邪悪な大人達の対比を期待してたので余計そう感じました。もっとも、一過性の「嫉妬」に近い描写はありましたが、自分にはちょっと弱くもう少し掘り起こしてもらいたかった。もっとも、それを行ったら蛇足になるのは目に見えてますので、不満ではないのですが。

個人的にかなり面白いなと思わせた部分は、ジンのピアノの調律のシーン。
審査員の一人が「彼は、おそらくまともな指導を受けていない」とジンのことを見抜いていましたが、その言葉どおり、プロのピアノの調教師が唖然とすることをジンからお願いされます。
また、オーケストラとの音合わせでも異端さ発揮して団員の反感を持たれますが、彼の実力を目の当たりにして彼の指示を心そこから納得していきます。この辺りの描写を読んでいて、背中がゾクゾクしていきました。

冒頭にも書きましたが、最初から最後まで清々しく本を読めたのは久しぶりでした。
ベストセラーになったのも納得です。

Posted on 2017/07/30 Sun. 09:53 [edit]

category: 小説

tb: 0   cm: 0

サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠  



著者 ジリアン・テット
訳者 土方奈美

サイロ・エフェクトを簡単に説明すると、組織の細分化つまり専門性を深めていくと、組織間の情報は伝わることがなくなる現象を指し示します。
こんなこと、昔から言われていたことですがIT技術が進んだ今現在でも解消はされていません。
これは、ある意味文明が進化(専門性が高くなる)していくうえでの宿命みたいなものあることから、著者のジュリアン・テッドはサイロの存在自体は否定はしていません。

この本は、主に3つに分けることができます。
一つ目は、サイロ・エフェクトを解決した事例。
二つ目は、サイロ・エフェクトで失敗した事例。
三つ目は、サイロ・エフェクトを防ぐことを実施している事例。

一つ目、サイロ・エフェクトを解決した事例としては、違法建築物の発見に300もの細かな専門に別れた部署のデーターベースを繋げられ、殺人予報図へと発展していく話が語られていきます。

二つ目は、我らがソニーの話です。アップルのiPodが音楽プレイヤーとして覇権をとったことは誰もが知ってる話ではありますが、これはある意味ソニーが自滅していった話。なぜ、異なる部署で互換性のない音楽プレイヤーが発表されてしまったのか?

三つ目は、フェイスブックとクリープランド・クリニックという病院の話。とくに、クリープランド・クリニックは外科と内科を廃止した話が語られています。

実はサブプライムローンの話で、返金額の優遇措置をとったら、取り立て部署がその情報を知らなく返済金が滞ったと判断して財産を没収したという衝撃的な話も載っています。経済学でサブプライムローンの話があっても、この手の話は振れられていなかったので、衝撃を受けました。

なぜ、専門性が高まると失敗するのか? それは、専門的なミクロでは正解であっても、マクロになると必ずしも正解であるとは限らないからです。

最後に、著者の引用をあげます。

「本書の重要なメッセージを一つ挙げるとすれば、われわれの世界は効率化を追及しすぎるとかえってうまく機能しなくなる」

細分化してスペシャリスト的パターン的行動するとき、人はリスクやチャンスを見逃すことを忘れてはいけないと思います。

Posted on 2017/07/16 Sun. 17:19 [edit]

category: ビジネス

tb: 0   cm: 1

加藤諦三の文書の書き方考え方  



加藤諦三著

こちらの本は、文書を書く為の技術的なものはほとんどありません。
心理学者というか、加藤諦三の考え方は心理学をベースに話を構築していくのは業というか宿命というか、本書でも自白してますが自分の興味があるものしか書けないと暴露しています。

文書を書くことは、モノの本質を掘り下げていく行為に似ている。

ですから、「文書が書けない」のは、そもそも書こうとしているテーマを間違っている可能性が高い。
そして、当事者でないと掘り下げることはできない。

外から眺めて「解説」を書くことや、いいかっこうをしようと瞬間に書けなくなる。
少なくとも、その文章を読んでも人の心は何も響かない。

冒頭で、飼い犬のことを書いてる人が出てきます。
この人は、雑種である飼い犬が大好きでたまらないから、ドンドン犬のことを書くことができる。
犬が病気になって生活が乱れても、それが苦にならない。
もう一人、コリーを飼っている人が出てきますが、この人は文章を書くことができない。
文書を書く動機が自慢だから。飼い犬のコリーそのものに興味がない。コリーが病気になっても、関心がなくコリーが死んでも次の血統書付きの犬を用意する。そんな人には、他人の心に響く文章はかけない。

人は自分の興味のあるものしか書けない。だから、他人のウケのよい文章を真似ても、同じようにウケのよい文章にはならない。

文章を書くには練習が必要。でも、最初は考える必要は無い。
最初は「書くことがない」から始めよう。 「あ、私は」が抜けていた。 「私は、書くことがない。」
そうそう、「何も」も抜けていた。 「私は、何も書くことがない。」
次には、面白い本を読んだら 自分が書きやすいように「真似てみよう」
まずは、書くことを習慣にすること。

昨日書いたものを、今日は言い回しを変えてみるとか。

本当に思ったことを書いてみる。

それが、自分が興味のある文章を書くことに繋がる。

最初は、自分しか分からない書き方でもよい。文書で遊ぶ感覚で手直していく。
それが文書を上達する早道。

それにしても、著者はイソップ物語が好きなようで、「やさしい人」では「ヒナギク」が主人公でしたが、今回は「カササギ」が主人公として出てきます。

「ワシが羊を捕まえるのをみて、カササギがワシのマネをしたら羊の毛に絡まってしまい、羊飼いに捕まってしまった」という話。

自分が何かで挫折してしまったとき、「自分はカササギをしてないか、反省してみることである」また、「私はダメ」だと言ってる人も同じである、その人がダメだから上手くいかないのではなく、「自分がカササギで受け入れてない」から上手くいかない。

これは、文書を書くことでも同じであると、心理学的な話がわんさかと出てきます。

著者の加藤諦三の本が好きならお薦めしますが、そうでない場合は必ずお手をとって確認をしてください。
でないと、「良いこと書いてあるけど、私が知りたいのはそれじゃない」となる場合があります(笑)

Posted on 2017/06/17 Sat. 14:44 [edit]

category: 自己啓発

tb: 0   cm: 0

調べる技術・書く技術  



野村 進著

本著はかなり古い本ですが、最近電子書籍化したので購入しました。
もともと「ノンフィクション」の記事や文書を書く人をターゲットにしたものですが、時代を経て誰もがインターネット使って情報発信できる世の中になったことから、誰しも手に取ってもらいたい一冊となっています。
タイトルから理解できるかと思いますが、「記事を書くうえでの情報収集」と「情報を元にした記事の書き方」の二本立てで構成されています。技術をうたっていますが、テクニックのみならずもっと抜本的な心得とかマナーに近いものも扱っています。
この当たりは新聞社や雑誌という職業を選んだ時、研修という場で叩き込まれるものだと思うのですが、現在の新聞記者や雑誌記者で何人これが出来てるのだろうか? もう絶滅しちゃってるのでは? と、感じさせられました。

情報収集の一つとして、「人から話を聴く」。
誰だって、自分に興味がある人や共感を示してくれる人に対しては好意を持つものですよね。
ところが、「先入観を持たないように、下調べをしない」ということが真理のように語られることがありますが、これは上記の「自分に興味があるという」相反するものであると、著者は自身の経験を紹介して警告を発しています。

「お前、こんなことも知らないで、何の話を聞きに来たの?」と、先方に思われたらアウトであり、信頼を失うそうです。
中には「相手が勉強不足だと判断すると」意地悪をする人もいるそうです。
実名が書かれていましたが、「あー、やっぱり、そういうことするんだ!」と、納得しちゃったり。
この人の著書を読んでると、感化されるのか、文書に突っ込みたくなるんです。

えっ、お前がそういう意地悪な性格なのだろう?って。
チガイマスヨー。ソレハ、ゴカイデスヨー。オオゴショのブンハ、オーラがスゴインデスヨー。

次に書く技術ですが、

毎日新聞の内藤国夫氏の下記の言葉を引用しています。

「(自分が)書きやすいものは、(読者には)読みづらい、ラクして書いたものは、読むのに苦労する。反対に苦労して書くと、読む方は読みやすい。」

推敲のさなかに「もうこの辺でいいだろう」と中途半端なところで妥協していると、文書は上手にならないそうです。
この辺は、なかなか手厳しく、「作家ではなく職人であれ」と書き直すことが、文書上達の秘訣であるとのこと。

最後に、本著は「テーマを決める」「資料を集める」「人に会う」「話を聞く」「原稿を書く」「人物を書く」「事件を書く」「体験を書く」が章立てとなっています。SNSで書くことがないと迷われている方がいれば、この本を手にとって筆が進めば幸いです。

Posted on 2017/06/11 Sun. 11:39 [edit]

category: 実務・実用

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top